カテゴリ
ダム・発電所(310)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(97)

2011年05月10日

万波発電所 関西電力

久婦須第二ダムをさらに上流へ向かいます。
今度は関電の万波発電所を見る為です。
01.JPG

保安林の看板が有ります。
02.JPG

万波林道という記載が有ります。
03.JPG

その林道をしばらく歩いて行きますと・・
04.JPG

鉄塔が見えてきます。
05.JPG

水圧鉄管も見えてきます。
もう発電所は近い・・・
06.JPG

07.JPG

川をはさんで向こう岸、右岸に発電所が有り、
真横から見ることが出来ます。
08.JPG

二本に分かれている水圧鉄管はここで
平行になって上流へ向かいます。
09.JPG

細い方は流れにくいのか、斜面途中にも
通気がとってあります。
10.JPG

ここから見える最上部にも通気が有ります。
11.JPG

細い方の鉄管は発電所の横へ行っています。
余水放流でしょうか。
12.JPG

13.JPG

手の届きそうなところにある鉄塔には2枚の
河川占用許可が貼ってあります。
14.JPG

富山県のものと、
15.JPG

岐阜県のもの。
16.JPG

17.JPG

対岸の発電所へは、川をはさんでいる為、すぐに行く
ことはできません。
18.JPG

林道をさらに進み、橋の有るところまで回り込ま
なければなりません。
簡単な鎖のゲートが出現します。
19.JPG

支柱には「これより岐阜県」の文字が有ります。
20.JPG

ここにも万波林道と書いて有ります。
この林道は以前は万波側に繋がっていたと思われます。
21.JPG

22.JPG

その先、一応分かれ道ですが、現在は左側、
川を渡る方がメインで使用されているのでしょう。
右側はおそらく岐阜県へ繋がっていたものと
思われます。
23.JPG

では川を渡る方へ。
24.JPG

川の方へ道は下っています。
25.JPG

途中対岸にヘリポートが見えていました。
雪深いこの場所でのダムの保全用なのでしょう。
26.JPG

ヘリポートを降りてすぐに冬季歩廊へ入れる
ようになっています。
27.JPG

ここからも林道へ戻れるようになっているよう
です。
28.JPG

ここで橋で川を渡ります。
29.JPG

比較的低い位置にある橋です。
30.JPG

左の林道を降りてきました。
31.JPG

万波川にかかる万波新橋。
昭和61年11月竣工です。
32.JPG

33.JPG

34.JPG

35.JPG

この橋から発電所を見たところ。
36.JPG

37.JPG

38.JPG

右岸に来ました。
このまま戻る方向に発電所が見えています。
39.JPG

ヘリポートの横を通ります。
40.JPG

41.JPG

ヘリポートには冬季歩廊が繋がっているので、
草むらの中に有る感じになっています。
42.JPG

さらに地中に潜っています。
43.JPG

林道を地中に潜って回避しているのです。
44.JPG

発電所の出入口は厳重にゲートがかかって
います。
45.JPG

46.JPG

47.JPG

48.JPG

隙間から撮影。
49.JPG

発電所よりも川の側に回り込むことができるので
行ってみました。
50.JPG

51.JPG

52.JPG

53.JPG

54.JPG

先ほどなぜ途中に通気が有るのかと疑問に思い
ましたが、ここから見ると角度が変わっているの
がわかりました。
55.JPG

建物入口の反対側まで来ました。
56.JPG

57.JPG

58.JPG

59.JPG

60.JPG

61.JPG

水圧鉄管を見上げます。
62.JPG

63.JPG

これ以上は上流に行かず、帰路につきます。
64.JPG

上流側に思いを馳せながらも・・・
65.JPG

往きには見落としていたものを見ながら帰ります。
66.JPG

何でしょう。トタンで出来ているようです。
重要なものかもしれないので写真を貼っておきます。
67.JPG

久婦須第二の横を戻ります。
68.JPG

69.JPG

コの字の水平歩廊も見ながら・・・
70.JPG

久婦須川第二発電所も過ぎ、
71.JPG

ゲート前まで戻りました。
72.JPG

久婦須川ダムも・・一通り見ました。
73.JPG

posted by Shimneti at 00:36| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: