カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2011年04月22日

高倉谷川石積堰堤

冠山へ上がる高倉林道へ進む途中、こんな
看板が立っています。「堰堤」の文字に反応。
以前は無かったように思います。
01.JPG

林道をしばらく進みます。
02.JPG

分岐があります。
ちゃんと看板が立っていて迷うことは有りません。
いや、やはり昔はこのように親切な看板は無かった
ですね。有れば気付くと思います。
整備してくれたのでしょう。
03.JPG

「西高倉砂防」と呼ぶようです。
04.JPG

ここから数百mで行き止まり。
05.JPG

06.JPG

行き止まりに見えますが、よく見ると川へ降りる
道が付いています。
07.JPG

08.JPG

斜面を降りる途中に石積が見え始めます。
09.JPG

かなり大きめの石を積んであり見応え十分です。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

堰堤左岸に何か石碑のようなのが見えます。
13.JPG

望遠で・・やはり記念碑と書かれています。
行ってみましょうか。
14.JPG

車まで戻り、今度は上流側を目指します。
15.JPG

先人達が要所にはロープなどを仕掛けてくれて
いますので、難なく進むことができます。
16.JPG

17.JPG

堰堤上に到着です。
18.JPG

19.JPG

記念碑にも対面できました。
20.JPG

21.JPG

22.JPG

車で林道までもどり、その林道を更に進むと、
「谷中砂防」と書かれた場所に着きました。
23.JPG

これは堰堤が道沿いすぐに有るのでわかりやすい
です。
24.JPG

25.JPG

26.JPG

さらにもう少し林道を進むと、「大成口砂防」と書かれた
場所に着きます。
27.JPG

これも道沿いです。
28.JPG

上流側を見てみると、なんだか橋がかかっているのが
見えます。
29.JPG

林道を進むと、橋の横に着きました。
30.JPG

この先には4つ砂防が有るようです。
31.JPG

H鋼を横にしたような橋を渡って山道へ
進みます。
32.JPG

ちょっと進むと・・・
33.JPG

一つ目の砂防が見えてきました。
34.JPG

ロックフィルが越流しているみたいに見えます。
35.JPG

36.JPG

堰堤上部です。
37.JPG

さらに上流側に近代の砂防が見えます。
38.JPG

しばらく進むと、石積みの堤防があらわれ、
39.JPG

二つ目の砂防に着きました。
40.JPG

ここにも記念碑が有りました。
明治三十五年度と読めます。
そんなに古いのか・・・
41.JPG

42.JPG

43.JPG

堰堤上流側にぬるぬるに滑りやすい橋が
かかっていて、さらに進みます。
44.JPG

しばらく山道です。
45.JPG

山道と川が離れて高度を上げていきます。
46.JPG

山道もちょっと足場の悪い箇所が有りますが、
非常によく手入れされている様子です。
誰かがやってくれているのですね。
47.JPG

48.JPG

やがて木々の合間から三つ目の堰堤が
見えてきました。
49.JPG

50.JPG

山道はここで終わりのようです。
あれ?四つ目を見落としたような・・・
51.JPG

52.JPG

堰堤上から下流を見たところ。
53.JPG

上流側は川の流れすらわからないくらい
鬱蒼としています。
54.JPG

車に戻り、さらに林道を進みます。
55.JPG

56.JPG

林道は突如終了。
引き返します。
57.JPG

posted by Shimneti at 00:45| Comment(7) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(゚∀゚*) おぉ!! これは、たまりませんね♪
Posted by キリ☆ at 2011年04月22日 04:10
 
でしょ? きっと好みですよ。

探せばまだまだ良い場所はいっぱい有るん
でしょうね。
 
Posted by shimneti at 2011年04月23日 07:42
初めまして。 私はこの堰堤のある地区の出身です。 先日初めて堰堤を見に行ってきましたが、私は怖くて第一〜第四はとても行く勇気がありませんでした。
先人の知恵のほうが現代より自然と共存していると感じた次第です。
最後の行き止まりのところに少し手前に平らなところがあったと思いますが、昔はそこに村があって昭和40年代頃に廃村となった場所です。
Posted by カズ at 2014年08月23日 16:16
すみません、書き忘れましたが、廃村となった村は「高倉村」で、看板があるところは「瀬戸」というところです。そしてここよりちょっと手前のところに「赤谷砂防堰堤」というのもあります。ここは九つの石積み堰堤があります。
Posted by カズ at 2014年08月23日 16:24
カズ様 有難うございます。

ご出身とのことで、コメント頂き感謝いたします。赤谷川にも大きい
のが有るのですね。高倉峠への道はよく利用しましたが、赤谷川へ
入ることが無かったので知りませんでした。また訪れたいものです。

「先人の知恵のほうが現代より自然と共存している」まったく仰せの
通りだと思います。 しかも頑丈でいまも現役で活躍しているところ
がすごいと思います。思い入れや情熱が現在とは違うのでしょう。
いまも情熱をもって施工されているとは思うのですが、時代が安く、
早く、合理的に、などを求めすぎているのかもしれないです。
大切にしていかないといけないですね。
ではまた引き続きよろしくお願いいたします。
Posted by shimneti at 2014年08月24日 12:54
私は、高倉川砂防、赤谷川砂防の宅良地域(昭和時代の宅良村)の住人です。
コメントの、この地区の出身の方、怖がらずに知人にご紹介ください。

高倉川砂防、赤谷川砂防についての行事情報は以下のURLから時々紹介されます。ご参照ください。
http://www.geology.co.jp/kankyo/index.htm
Posted by kobiki jiji at 2016年02月11日 19:28
コメント有難うございます。また情報も有難うござい
ます。面白い活動を積極的に情報提供しているところ
がすごいと思います。

最近、住んでいる場所が遠くなったこともあって南越
前までなかなか足をのばせていません。赤谷川もまだ
行けていません。宅良地域にお住まいとのこと。昔に
比べると開発著しいですね。21世紀に入ってそま山
トンネルも開通したしホノケ山の下も貫通したことだ
しまた訪れたいと思っております。引き続きよろしく
お願いします。
Posted by shimneti at 2016年02月11日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: