カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2011年02月26日

真川発電所

真川大橋の脇に、なんとも雰囲気の良い橋が
あります。
01.JPG

ダブルアーチでしょうか。
02.JPG

ちょっと進んでみます。
03.JPG

渡ってから振り返ったら・・バックに真川大橋が見えます。
関係者以外通行禁止!
渡る前にも書いてあったっけ・・
見落としてここまで来てしまったようです。
総重量5t未満・・これはクリアしています。
04.JPG

ここ左岸からの振り返り。
05.JPG

北電さんの所有です。
千寿橋。
06.JPG

昭和6年・・結構なお年なのですね。
07.JPG

斜面には早速水門が見えます。
08.JPG

左岸、上流方向。橋を曲がる大型車両の
ダブルタイヤがズリズリしてもいいように板が
敷いてあります。
09.JPG

そして積雪の多い地方特有の冬季歩廊入口が
あります。
冬季歩廊の右側の道はもう今は使われていない
のか、荒れ気味です。
10.JPG

先ほどから眺めていた発電所の下まで来ました。
11.JPG

12.JPG

そしてもう少し上流側に沈砂池のようなのが
有ります。
13.JPG

きれいに石積みされています。
14.JPG

下の道からぐるりと回って来ました。
15.JPG

右下の道から来たわけです。
16.JPG

車から降りてしばらく眺めていきました。
17.JPG

18.JPG

すぐそばに発電所が有ります。
19.JPG

そして、入ってきた方向の振り返りです。
20.JPG

21.JPG

ここまでせんでも・・・と言うくらいとげとげが
付いています。
22.JPG

以前はここが普通に使われていた道なのだ
と思います。
23.JPG

昔はこちらから入ってきたのでしょう。
千寿橋の横に有った冬季歩廊はここにつながって
います。
24.JPG

25.JPG

昔のゲートから発電所を見たところ。
26.JPG

27.JPG

28.JPG

29.JPG

30.JPG

31.JPG

山側を背面にして、正面を見ます。
32.JPG

33.JPG

危険物の表示の他に、「扉確認装置盤」と「雪おろし表示板」
が見えます。
34.JPG







では、ちょっとだけ左岸沿い、上流へ進んでみます。

先ほどの右岸で工事車両の迂回を促していました
が、ここは右岸へ行く仮設の橋のようです。
35.JPG

仕事の邪魔をしてはいけませんので、ここまで
にしました。
36.JPG

門が付いている砂防があります。
37.JPG

上からながめます。
38.JPG

ここにも沈砂のような施設が有ります。
39.JPG

40.JPG

41.JPG






次に、下流側へ進んでみました。
真川大橋の下です。
その向こうには電車の鉄橋も見えています。
42.JPG

43.JPG

古い橋台跡のような横を通り、
44.JPG

橋の下をくぐることが出来ます。
45.JPG

くぐってから振り返り。
46.JPG

線路が有ってこの道は終わり。
47.JPG

メンテ用の道でした。
48.JPG

もっと下流へと思ったら、ゲートの裏側に来ました。
49.JPG

やはり立ち入り禁止区域に入っていたようです。
あれ?ここ見たことある、と思ったら・・・
50.JPG

昨晩、ここで写真を撮っていました。
51.JPG

52.JPG

posted by Shimneti at 01:33| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: