カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2011年02月13日

大谷池ダム 岐阜・垂井の

もう夕方だったのですが、大谷池に立ち寄りました。
なるほど便覧にも載るはず・・15m以上ありそうな
堤高です。
01.JPG

道中階段が有ります。
02.JPG

後で対岸から撮りました。
03.JPG

名前は池ですが、立派な吐です。
04.JPG

左岸には道路が続いています。
05.JPG

池の様子ですが、今は水が少ないようですね。
06.JPG

07.JPG

降りていき易そうですが、一応柵が有ります。
08.JPG

天端に駐車スペース有りです。
09.JPG

天端は歩いて行くことができます。
10.JPG

ここが大谷池に違いないと思っているのですが、
証明するものが無いです。
11.JPG

12.JPG

13.JPG

下流側を見ますが、結構草が茂っています。
14.JPG

吐の上を橋が渡っています。
15.JPG

この橋から自然越流の洪水吐を見ます。
越流までは程遠い水位です。
16.JPG

橋から下流側を見たところです。
17.JPG

右岸側を降りて行けるようです。
18.JPG

ちょっとだけ降りて来て天端を振り返ったところ。
19.JPG

さらに階段を降りて・・・
でも蜘蛛と草に阻まれて退散。
20.JPG

21.JPG

吐よりは左岸側の堰堤からも階段がついているので
そっちから降りることにしました。
22.JPG

こちらも草が激しかったですが、右岸よりは
マシでした。
23.JPG

24.JPG

下流側にも橋がかかっています。
25.JPG

26.JPG

ここからちょっと上流側を見てみます。
27.JPG

減勢。
28.JPG

これも渡って来た橋です。
水路トンネルは河川維持でしょうかね。
29.JPG

30.JPG

31.JPG

先ほど断念した右岸側です。
32.JPG

ここから堤体を撮影。
33.JPG

ではまた草の中を戻ります。
34.JPG

ちょっと左岸側上流へ車を進めてみましたところ
パトカーがパトロールに来ました。
夕方だったのでかなり胡散臭そうな顔をされました
が、何も悪いことをしているわけではありません。
35.JPG

上流では林道と川との境目が曖昧になって
きました。
36.JPG

このまま車で川に降りれそう。
まだまだ林道は続きますが、またの宿題にしておき
ました。
37.JPG

ダム上流側を振り返ります。
38.JPG

39.JPG

洪水吐の様子。
40.JPG

改修碑が有りました。
41.JPG

posted by Shimneti at 21:10| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: