カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2011年02月09日

LED LENSER P7 購入して一週間

まさか自分がこれを持つことになるとは
思っていませんでした。

LED LENSER P7

確かにLEDライトは好きだけれど、LED
に5千円もかけるのもなぁ・・・
閃やドミネーターで結構満足してるしなぁ・・・

乗り気でなかったのは事実です。
ネットだと安い!と友人にそそのかされて
まぁいいか・・と入手しました。

でもいざ手にしてみると、なかなか良い、
なのです。
明るさといい、配光といい、他のと比べて
値段の差以上のものが有り大満足です。
01.JPG

そして人間、一度良い物を手にしてしまうと
もう他のがショボく見えてしまうのが不思議。
もう他のはあまり使わなくなってしまいそう・・
・・と最初は思ったのでした。

ギフトボックスはちょっと期待はずれでしたが、
捨てるにはもったいない感じ。
でも普段これに入れて置いておこう、なんて
言う代物ではありません。
02.JPG

で、やはりドイツ製ではありません。
MADE IN CHINA
まぁ知ってはいましたが・・・
03.JPG

04.JPG

05.JPG

添付の電池はロゴ入りですよ。
06.JPG

側面のレーザーマーキングは浅め。
07.JPG

配光は、抜群に良いです。
08.JPG

ドミネーターのDC−100Fだとこうです。
09.JPG

良いと思っていた閃ですらこんな感じ。
10.JPG

スポットでも真ん中が均一でいい感じ。
11.JPG

ドミネーターのスポットはかなり狭い感じ。
12.JPG

閃のスポットは狭過ぎず好きです。
トンネルや鉱山の中だとこの方が良い・・
13.JPG

200ルーメンは、ワイドでも抜群に明るいです。

でも5分連続点灯しているとドミネーターDC−100F
の120ルーメンと明るさが変わらなくなってしまう・・・
電池を新しくしてみても同じ・・
実はドミネーターのDC−100Fはもっと顕著なんですが
熱くなると光量が落ちてしまうみたいです。
冷ますと元通りになります。しかし現在室温17度なの
で、いささか心配です。

ちなみにDC−100Fは5分も連続点灯させると
色までちょっと変化します。
14.JPG

15.JPG

取扱説明に関しては、もう物足りんの一言。
知りたい事の殆どは書いていません。
16.JPG

17.JPG

18.JPG

19.JPG

レンズは、とりわけワイドの時は格好いいです。
20.JPG

スポットではロゴは隠れてしまいます。
21.JPG

ちょっと開けてみましょう。
22.JPG

ほほう、ロゴは横に書いてあるわけですね。
23.JPG

24.JPG

レンズもきちっと固定されています。
これ外すのはやめておきました。
25.JPG

テールスイッチ。

1回押すとパワーモード。
もう一回押すとセーブモード。

どの位置からも 半押しでブーストモード。
残念ながらブーストモード固定は出来ません。

セーブモードは、テントの中での常夜灯には
良いかもしれませんが少々暗いです。
パワーモードとセーブモードの間が有れば
良いのに・・と思います。
26.JPG

つつの奥。
基板に半田が敷いてあるのが少々ショボいですね。
27.JPG

電池ケース。
28.JPG

マイナス側のバネには金メッキが奢って
あるのに、プラス側は基板に半田敷きです。

実際、買ってすぐに電池を放りこんでの
初点灯・・・ドキドキワクワク。
でも点灯しなかったのでした。電池をくるくる
いじくり倒して、やっと点くようになったの
でした。
29.JPG

何で3極なのでしょう。
30.JPG

さらに電池ケースとテールスイッチが
分かれます。
31.JPG

テールスイッチ側。
ダイアフラムのようになっています。
32.JPG

ナイロンケース付きです。
33.JPG

34.JPG

35.JPG

この一週間、夜山、夜ダム、夜隧道に連れて
行きました。
昼間は仕事でも使用。

満足しているようで、何か物足りない感じがします。
それはやはりランタイムです。

公称3時間なのですが、私の使用する安物の
アルカリ電池ですと、気持ちよく使用できるのが
1時間ちょっとです。
エネループでも1時間半程度です。
セーブモードだと公称50時間なのですが、
これはちょっと暗めです。
せめて10時間程度持つような明るさ設定が
あると非常に良いのに・・と思います。


これを持ってから、閃やドミネーターがおもちゃ
のように見えていました。
しかし入手して約一週間。いつの間にか閃と
ドミネーターに回帰している自分なのでした。
posted by Shimneti at 04:04| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: