カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(45)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2011年01月26日

おのぼりさん ドミネーターDC-105F購入

最近仕事でよくおのぼりさんします。
今回は泊まりがけです。
宿泊場所は当然秋葉にしました。
01.JPG

万世橋を見に来たわけではありません。
02.JPG

しかし、ちょっとだけ撮影しました。
03.JPG

04.JPG

現在建築したら、こんな風には絶対に
ならないから、とても貴重ですね。
05.JPG

06.JPG

国道事務所の出張所もあります。
07.JPG

夜の秋葉。街中にはLEDが一杯。
08.JPG

09.JPG

ホテルに入ると、スタンドだってLED。
10.JPG

11.JPG

12.JPG

13.JPG

14.JPG

15.JPG

16.JPG

電気屋に入ると、GENTOSのドミネーター、
DC−105Fの見本が有りました。

以前私が買ったDC−100Fと、友達に買った
DC−105Fでは両方とも、裏コマンドが
使用できたのですが、見本ではできなくなって
いました。
(裏コマンドは、クイックフラッシュでも 光量を
変えられる。)
以前のレポはこちら


裏コマンドができないばかりか、点灯してから
2秒以上経ってからスムースディマーで光量を
変えた直後にもう一度クリックするとクイック
フラッシュになってしまいます。
17.JPG

と言う、実用上何の問題も無い理由であまり
大きさ的に好きではない単三×2本仕様の
DC−105Fを買ったのでした。

でも、単四×3本仕様のDC−100Fでは
この裏コマンドが最近はどうなっているのか
気になっている今日この頃であります。

DC−105Fでもう一つ気になっていること。
それは明るさです。
閃のSG-305が100ルーメン。
DC−100Fが120ルーメン。
そしてこのDC−105Fが160ルーメン。
と言うことはこのDC−105Fが最も明るい
はずなのに・・・、私のも友達のも下手すると
閃の100ルーメンよりも暗い・・
18.JPG

これはどうしたことでしょう。

どうもドミネータシリーズは、照射角度にしろ
明るさにしろ、仕様の記述に問題が有るよう
に思います。
19.JPG

20.JPG

21.JPG

posted by Shimneti at 00:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: