カテゴリ
ダム・発電所(309)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2010年12月26日

金木戸森林軌道〜北ノ俣分岐

双六川ダムの帰り道です。
先ほどの北俣への分岐に来ました。
左の森林軌道跡から戻って来ました。
右は林道帰り道なのですが、ちょっとだけ
寄り道して北俣側へ行ってみます。
01.JPG

いきなりトンネル。
実は森林軌道はこちらの方を通っていたのです。
02.JPG

冬季歩廊も見えます。
03.JPG

トンネルを抜けると、乙女渕にかかる乙女橋梁が
見えてきます。
04.JPG

05.JPG

この橋への道はトンネルの中で合流です。
06.JPG

当時の軌道はどんな感じだったのでしょう。
ただただ想像するばかりです。
07.JPG

この道は現在も使用されていることを物語って
います。
スノーシェードは現役のようです。
08.JPG

ちょっとかがまなければ入れません。
09.JPG

10.JPG

乙女橋を渡ります。
11.JPG

12.JPG

中ほどで振り返ったところ。
13.JPG

軌道跡にはこのようなスクエアなアーチを
よく見かけます。
軌道時代のものでしょうか。
14.JPG

その先にはすぐトンネルが有ります。
15.JPG

トンネルに向かって右方向、川沿いに構築物が
見えます。
この先に取水が有るので、その点検などの為
この橋が現役なのでしょう。
16.JPG

現在はこのトンネルの側壁から冬季歩廊を
使ってそこへ行っていると思われます。
17.JPG

この歩廊は現役っぽい。
18.JPG

トンネル入口から橋の方向を見たところ。
19.JPG

このトンネルの先にも橋梁があったはずですが、
現存していないため、トンネル出口も崩落が
進んでいそうです。
20.JPG

水が滴り続けて危険な雰囲気です。
21.JPG

22.JPG

この先は行けたものではないですね。
23.JPG

24.JPG

トンネル坑口の写真を撮りたかったですが、
この有様と天候では難しそうです。
25.JPG

いずれにせよここは軌道跡であるということです。
26.JPG

27.JPG

取水などの施設に思いを馳せながらも、元来た
道を戻ります。
28.JPG

29.JPG

30.JPG

31.JPG

ルートが表示されていました。
32.JPG

33.JPG

金木戸林道修繕の表記がありました。
34.JPG

少し進んだところに、
35.JPG

下にある池の尾発電所への送水管から分岐して
放流口が有ります。
36.JPG

37.JPG

こんなに高度差が有りましたっけ・・・
38.JPG

望遠で。
39.JPG

まだ上に行ってる?
40.JPG

41.JPG

この先登山ルートまではまだまだですが、また出直し
です。
42.JPG

もっと天候の良い、涼しい時に来たいです。
43.JPG

橋梁越しに見える構築物。
44.JPG

45.JPG

それでは本当に山を下ります。
46.JPG

帰り道だけでも500枚は写真を撮りました。
水圧鉄管がもうあんなに小さく見えます。
47.JPG

48.JPG

懲りもせずいろんな写真を撮りながら・・・
49.JPG

50.JPG

登りの時には恐ろしかった滝もちょっと
穏やかになっていました。
51.JPG

北電小屋まで戻ってきました。
もうあと少しでゲートです。
52.JPG

北電小屋の横にあるのは湧き水です。
53.JPG

昔有った木造小屋の残骸かな?
54.JPG

ゲート到着。
55.JPG

56.JPG

あと少しで車に戻る、というところ。
川の水の音で気付かなかったのか、至近距離で
小熊が遊んでいました。
これは母熊が居るかもしれない!
危険!危険!
でもカメラ!カメラ!
でも間に合いませんでした。
証拠を示せないのが残念。
居ますねぇ 熊さん。
57.JPG

車に乗り込んで一安心。
双六ダムまで下りてきました。
58.JPG

放流は1門だけになっていました。
59.JPG

60.JPG

やはり水量が全然違いますね。
61.JPG

62.JPG

63.JPG

64.JPG

65.JPG

損害の多かった台風の中の強行。
愛用のヘッドライトが雨水で点灯しなくなって
しまいました。レンズを覗くと、中に水が入って
いました。
以外と水に弱かったぞ、GENTOSヘッドウォーズ。
やはり登山には電子スイッチのものより単純な
ものの方が安心な感じ・・・
帰って乾かしたら復活しました。
この明るさとコストパフォーマンスはやはり凄い
ので、まだまだつき合ってもらうことにします。
66.JPG

posted by Shimneti at 01:02| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: