カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(45)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(98)

2010年12月13日

金木戸森林軌道〜二つ目のゲート

金木戸発電所を後にして、一つ目のゲートです。
ラッキー開いています。いや、だいたいいつも
通過出来ます。
01.JPG

天候が悪いのがわかっていての強行なので、
細心の注意で入ります。
釣りではないのでいいか・・・
02.JPG

ここから上流9kmも先に北電の双六川ダムが
有るのです。
実はこの看板で、昔行ったあのダムが双六川ダム
と言う名前だと知りました。

さっきのが双六ダムで、上流のが双六川ダム。
ややこしいなぁ。すぐ忘れて間違いそう。
03.JPG

04.JPG

本日規制なしなので通らせて頂きます。
05.JPG

06.JPG

07.JPG

08.JPG

あら?
このトンネル、スクエアに変身してる。

何回も来ているのですが、最近でも15年前。
久しぶりなのでした。
09.JPG

10.JPG

11.JPG

上流側。
12.JPG

遠見岩が見えればもうすぐ二つ目のゲートです。
いやぁ、この岩怖いねぇ。
13.JPG

ゲート登場です。
14.JPG

入山者への警告文が有ります。
15.JPG

この時点で、まだ雨はマシです。
後ろにはトンネルが見えています。
昔に比べ、看板が一段とボロくなっています。
そして、ゲートの右側には通せんぼの石が
置かれています。なんででしょう?
ここから入るとすれば、北アルプスに登る人
ぐらいだと思うのですが。
また登山する人ならこのくらいの石なら楽勝で
乗り越えて行きますけどね。謎ですね。
16.JPG

ゲートの横にはあの禁漁区の看板。
17.JPG

飛騨森林管理署長のシールが貼られています。
絶対通行してはいけない、とは書いていないことに
感謝。
18.JPG

双六川ダムまであと6km。
一つ目のゲートから3km来たということです。
ここからは歩きます。
19.JPG

ちょっと雨が激しくなってきましたが、強行。
森林軌道跡を歩きます。
20.JPG

posted by Shimneti at 04:22| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: