カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2010年11月07日

猿谷ダム

猿はとても好きです。
・昔から猿系のあだ名が付いていたから。
・上司に猿が居るから・・
理由はいろいろ。

だからこのダムにもよく来てしまいます。
今日も少しばかり立ち寄ります。
01.JPG

ちょっと進むと・・・
猿と一緒にベンチでくつろぐことが出来ます。
02.JPG

諸注意事項を見てから天端へ向かいます。
03.JPG

04.JPG

国交省猿谷ダム管理支所です。
更新したみたいです。
仮庁舎が右手にありました。
05.JPG

これは上流側。
下流側、真向からは見たことが有りません。
右岸から登ったところにある広場から見える
そうですが、今日も時間が無いので行きません
でした。
06.JPG

インクライン&船着き場。
07.JPG

08.JPG

09.JPG

じわりじわりと堤体に近づいてきました。
10.JPG

昭和32年竣工です。
11.JPG

倉庫の影に何か煙突のようなのが有ります。
12.JPG

13.JPG

監査廊の入口です。
14.JPG

地震計も有ります。
15.JPG

左岸はここまで来ることができます。
16.JPG

ケーブルがたくさん置いてありました。
何か工事をしているようです。
17.JPG

ここから堤体を見ます。
これが限界か。
18.JPG

19.JPG

右岸には滝も見えていて、なかなか険しい場所に
有ることがわかります。
20.JPG

なんとか正面が撮れないかなぁと
思っていたら・・
御家族連れが来たので、関係無い
ところから撮り始めます。
21.JPG

雨量計。
22.JPG

23.JPG

4門のゲート
24.JPG

25.JPG

26.JPG

水位計室。ダムが出来た初期から有りそうです。
27.JPG

いつ見に来ても、ここから放流しています。
ジェットフローゲート。
28.JPG

29.JPG

下流側。
30.JPG

カメラが見えています。
この位置に行くことができたら、そしてダムを見たら
絶景でしょうね。
31.JPG

右岸まできました。
32.JPG

下りる階段が有ります。
もちろん立入禁止です。
33.JPG

34.JPG

35.JPG

右岸側、上流ダム湖側を歩きます。
36.JPG

37.JPG

38.JPG

ダムの状態を監視するカメラが据えてあります。
39.JPG

新しい管理棟が目立っています。
以前の建物はこんなに目立っていなかったと思います。
40.JPG

以前は平屋だった。
41.JPG

どんどん歩いて行きます。
42.JPG

ところどころちょっと崩れている場所も有ります。
43.JPG

44.JPG

「川原樋川導水隧道注水口」に着きました。

危険を促す看板がいっぱい立っています。
45.JPG

絶対釣りに入ってはいけません。
46.JPG

47.JPG

右岸に居てるわけなので、導水隧道はうまく
見えません。
48.JPG

49.JPG

50.JPG

51.JPG

52.JPG

53.JPG

道はまだ続いていきますが、これで引き返します。
54.JPG

55.JPG

左岸に戻ってきました。
先ほどの監視カメラを望遠で。
56.JPG

57.JPG

58.JPG

59.JPG

60.JPG

それでは猿谷とお別れです。
61.JPG

62.JPG

63.JPG

こっちにも目が行ってしまいます。
64.JPG

65.JPG

66.JPG

日本版が無くなる2世代前の70。
いいなぁ。自分のはいろいろ問題の有るPZJだからなぁ。
67.JPG

posted by Shimneti at 03:23| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: