カテゴリ
ダム・発電所(309)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(96)

2010年08月06日

鹿背山トンネル〜大仏線も

幻の鉄道、大仏線。
実質9年の短命は、確かな足跡を残している
だけに、鉄道ファンの心を引くのかもしれませ
ん。
01.JPG

この分かれ道の左側は、大仏線が通っていた
場所なのです。

もう20年近く前、大阪の実家に帰るのによく
回り道して通っていた場所です。
この下に有る旧関西線の鹿背山トンネルの跡
は、車に乗っていてもわかる・・・
と、Mr.D.Tに話したところ、 そんなはずがない
と。
02.JPG

それもそのはず、こんなに鬱蒼としていました。
03.JPG

04.JPG

これを降りるのは大変です。
05.JPG

全く前の見えない中を降りていきました。
06.JPG

なんとかなるものです。
07.JPG

まるで、川沿いの土手から川へ降りてきた
感じです。
水が流れていました。
08.JPG

トンネル前からすぐ草むらになってしまう為、
引きの写真は撮れません。
09.JPG

こんな草むらに二度と来ないでしょうから、
周辺を撮影しておきました。
10.JPG

トンネルは水没しているので坑口前にすら
まともには近づけません。
11.JPG

一応鍵がかかっていますが、誰も来ないでしょう。
12.JPG

とても湿った感じです。
向こう側、加茂側の坑口へ無事貫通している
ようです。
13.JPG

14.JPG

15.JPG

坑口前の水たまりには一杯虫達が居ました。
16.JPG

まるで川の中に居るみたいでした。
17.JPG

よく方位磁石を見てから、加茂側坑口へ向かいます。
方向としては、分かれ道の間のあたりに抜けている
のではないでしょうか。
18.JPG

加茂側坑口はネットでもあまり見かけません。
きっと行きにくい場所だ。
覚悟はしていました。
長靴は必須だな。
19.JPG

予想通り、川の中です。
20.JPG

なんとなく、見つけましたよ。
21.JPG

わかりますかね?
あの奥・・・
22.JPG

近づいてきました。
ものすごく良い天気でしたが、ここは暗いです。
23.JPG

随分埋もれています。
中は全然大丈夫な感じでしたから勿体ない
ですね。
24.JPG

ここも引きの写真は撮れません。
25.JPG

ここも二度と来れないでしょう。
26.JPG

ここも鍵の意味は無いと思いますがね。
27.JPG

向こうに見えているのが、先ほど行った場所です。
28.JPG

29.JPG

30.JPG

橋が架かっているところまで来ました。
橋の上です。
31.JPG

粋な看板です。
「罰が当たるように」だったら、恐ろしいですね。
32.JPG

結構年季が入っていそうです。
33.JPG

橋には、一定の間隔で穴が開いていました。
柵でもあったのでしょうか。
34.JPG

35.JPG

橋の右側に鹿背山トンネル、加茂側坑口が有ります。
36.JPG

37.JPG

このあたりを歩いていると、ちゃんとほら
大仏鉄道遺構めぐり・・・
とあります。
38.JPG

キャンブックスの表紙にも有った鹿背山アパットメント
です。
39.JPG

40.JPG

41.JPG

42.JPG

この質感が良いですね。
43.JPG

ついでに観音寺の方も行きました。
奥に見えるは大和路線です。
44.JPG

45.JPG

46.JPG

おっ!電車通った。
47.JPG

もうひとつ有りました。
ゲートが出来ていました。
48.JPG

posted by Shimneti at 22:34| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: