カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2010年07月23日

旧々清水谷隧道

昨年2009年の10月に清水谷を通った時、
こんな新しいトンネルが出来ていることに
気付きました。
01.JPG

新清水谷トンネル
武生側坑口です。
02.JPG

2006年に竣工していたのです。
03.JPG

この前まで現役だった昭和5年竣工の方の
武生側坑口。
04.JPG

それでは、今となっては旧の旧道の清水谷隧道
へ向かいます。
この道へ進んではいけません。
この先はえげつないほど崩れています。
コンクリートの下はまったく無くなってしまって
いるので、歩いて行っても絶対に危ない状態です。
05.JPG

こっちです。こちらの林道を進みます。
06.JPG

以前来たことが有るので、すぐにめっけです。
07.JPG

いやぁ、激しさ倍増ですよ。
前は中を歩けましたが、現在は水没してます。
無理無理。
08.JPG

しかも向こう側が見えない・・・
崩落したか?
これは向こう側も見に行かなければなりません。
09.JPG

よくもこんな場所に隧道を穿ったものです。
10.JPG

林道からちょっと入っただけなんですが、
なかなか気付かない場所です。
11.JPG

さて、この林道が池田側へ抜けてやしないかと、
行ってみますが、崩落地を乗り越えることができ
ませんでした。
まぁあまり興味の無い宿題です。
12.JPG

さてさて、今度は池田側の坑口へ。
こっちも旧の道が残っていて楽勝さ〜。
・・・のはずだったのですが、大きな間違いで
あることに気付かされるまで、5分とかかりま
せんでした。
13.JPG

旧道の面影をのこす山道を鼻歌まじりで登って
いきます。
これこれ、こんな感じ。
前来た通り♪
14.JPG

あれ?
15.JPG

薮漕ぎどころか、 猿にならないと乗り越えられません。
16.JPG

げげ〜。
こっからまだ1km以上はあるよなぁ。
17.JPG

10m進むのに何分もかかってますよ〜。
18.JPG

マジこれ。
林業は出来んわ、私。
19.JPG

もう服はどろどろ、近年に無い激しい山行き
となってしまいました。
ここまで来ると、もう後にひけません。
20.JPG

道だか何だかわからないところを突き進む
しか無いのです。
まだまだ続きますが、木の中の写真は割愛
します。
21.JPG

よくもまぁ、木の中を何枚も写真撮ったなぁ
と我が阿呆さ加減にあきれかえりますが、
12:45登り初めて、ただいま13:15。
30分もかかってやっとそれらしき所に到着
しました。
22.JPG

いやぁ激しかった・・・
池田側坑口前はこんなことになっています。
23.JPG

そりゃぁ光も見えないはずです。
24.JPG

25.JPG

26.JPG

吹き出る涼しい風に癒されながらも、湿気も多い風です。
27.JPG

隧道脇に何か有ります。
28.JPG

29.JPG

また同じ道を降りるのかぁ。
何か良い方法無いかなぁ。
30.JPG

ちらっと下の道が見ては、ワープ出来ないか
うかがいます。
31.JPG

ここや!
ここなら転がり落ちて行ってもどっかで引っ掛かる
やろ。
32.JPG

やったぁ。川まで降りてきた。
33.JPG

なんとか助かりました。
34.JPG

ちょっと昭和5年の池田側も行っておきました。
35.JPG

posted by Shimneti at 02:48| Comment(0) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: