カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2010年05月17日

野洲川ダム

白倉谷川の林道でしょっちゅう遊んでいた
頃は、いつでも来れるや、と全然写真を撮って
いなかった野洲川ダムです。
工事が始まってしまって焦ってももう遅いの
でした。
2006年3月 ちょっと撮影しました。
001.JPG

右岸に小さな坑が掘られているのが見えて
いました。
002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

弥栄鉱山跡とセットで行ったので、次の日も
立ち寄りました。
2連ちゃんです。
006.JPG

007.JPG

008.JPG

009.JPG

しかし、天気はあまり良くありません。
010.JPG

011.JPG

012.JPG

013.JPG

014.JPG

それから2年・・・
2008年4月にもやって来ました。
015.JPG

晴れの日の方がやはりいいですね。
016.JPG

ガーダー橋がかかっているのが見えます。

堤高 52.7m   重力式コンクリートダム


元々洪水調整機能が無かったのと、老朽化の為、
1.7m嵩上げする改修工事中です。
017.JPG

018.JPG

019.JPG

もう既にオープンしているようでした。
020.JPG

この道、ちょっと前までは有料だったんですから。

当時からお金を払わなくても良い区間は、存分に
利用させて頂きましたが。
021.JPG

有料当時から通行止めの多い道ではありました。
022.JPG

今回も第一段は軽々と突破しましたが、そして本当に
通れなくなる。
023.JPG

024.JPG

025.JPG

026.JPG

027.JPG

028.JPG

029.JPG

030.JPG

031.JPG

032.JPG

033.JPG

034.JPG

右岸側、対岸も道が出来ています。
035.JPG

いやぁ、もう写真貼りすぎですよ。

こうしてみると単管でもきれいですねぇ。
036.JPG

037.JPG

038.JPG

039.JPG

040.JPG

041.JPG

042.JPG

043.JPG

いやいや、もうええ加減にしなはれ。
貼りすぎです。
044.JPG

洪水吐きが こんな風に
なります。

かっこえ〜
045.JPG

以前。
046.JPG

佛像建立の記

鈴鹿スカイラインの開設及び四日市土山線の
改良整備は諸方の協力を得て竣工を見た
これに際し施工三社の寄進により専ら交通の
安全を祈念し茲に聖観音像一基を建立する
ものである。

昭和47年11月
047.JPG

完成したんだって!
ということを、やはりキリ☆さんのサイトで知りました。
048.JPG

049.JPG

050.JPG

051.JPG

052.JPG

053.JPG

054.JPG

055.JPG

056.JPG

057.JPG

058.JPG

059.JPG

060.JPG

改修ですが、まるでさらっぴんですね。
ディテールは?
これで、あと何十年も使用する・・ということを
考えると、ちょっと・・・
おっとっと、批判をしてはいけません。

すばらしく綺麗なダムです。
061.JPG

062.JPG

063.JPG

いろんなところがピカピカですね。
064.JPG

065.JPG

066.JPG

067.JPG

068.JPG

右岸の道も行ってみました。
069.JPG

070.JPG

071.JPG

072.JPG

073.JPG

074.JPG

075.JPG

終点からの眺め。
076.JPG

077.JPG

078.JPG

079.JPG

080.JPG

光送信機・地下水位信号変換器収納盤

長い名前です。
081.JPG

082.JPG

083.JPG

084.JPG

085.JPG

086.JPG

元のダムの堤体をとりこわしたものだそうです。
昭和25年打設のコンクリートです。
087.JPG

088.JPG

新しいダムではディテールの選択に興味ありますね。
089.JPG

090.JPG

091.JPG

092.JPG

093.JPG

094.JPG

095.JPG

096.JPG

097.JPG

098.JPG

左岸には、なにやらコンプリートプラントの一部
のような。
犬上堰堤に有ったあれと同じかな?
099.JPG

100.JPG

101.JPG

102.JPG

103.JPG

posted by Shimneti at 02:26| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: