カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2010年02月14日

三重_光谷の素堀トンネルを求めて5

分岐にやって来ました。
右:本流
左:光山林道 ですか。
01.JPG

光山林道を示す貴重な遺構を撮っておきます。
02.JPG

光山林道の隧道に到着。
03.JPG

04.JPG

05.JPG

06.JPG

四角いです。
出たところ。
07.JPG

肝心なところは消えている看板の落ちている
先ほどの分岐から本流を進みます。
08.JPG

09.JPG

流れているんだけど凍っていると言うね、
何か絶妙な感じになっています。
10.JPG

いったいどこまで続くのでしょうね。
11.JPG

光澤橋(ひかりさわはし)
昭和40年11月竣工
12.JPG

の先はガレています。
13.JPG

まだ続くんだね、この道・・・
ちょっと時間は気になり始めました。
14.JPG

15.JPG

さらに橋が見えてきました。
16.JPG

蜩橋(かなかなはし)
昭和40年11月竣工
17.JPG

時間が気になり始めると、急に遠くの景色を
見るようになります。
18.JPG

19.JPG

20.JPG

21.JPG

橋が登場。
そして、その背後には・・・
22.JPG

隧道が有ります。
この橋・・二ノ俣橋(にのまたばし) と言うらしい。
昭和41年2月竣工。
23.JPG

9本目の登場です。
ここに来てコンクリ巻きですか?
これは見覚え無いですね。
ここまで来なかったのか、当時はこうなっていなかったか。
24.JPG

25.JPG

こうして見ると、切り通しにする予定
だったんでしょうね。
26.JPG

ちょっとだけカーブして・・
27.JPG

9本目出たところ。
28.JPG

さらに進むと、10本目。
ちょっと長めで、中でカーブです。
29.JPG

30.JPG

31.JPG

10本目出たところ。
本日の隧道の最終です。
32.JPG

設置 平成元年 大阪営林局 となっていました。
33.JPG

わりに良い道なのですが、先ほどから、やたらと
野鳥のでかい奴が急に飛び立つので驚かされて
います。やつらに熊鈴は関係無いみたいです。
小心者だからビビリまくりです。
34.JPG

穏やかな路面は急に先行きが・・・
35.JPG

道ごと大崩落していました。
36.JPG

もう終わりなのかと思いましたが、
まだ先に道が有ります。
37.JPG

まぁ見事に綺麗に崩落しましたね。
38.JPG

ちょっと高巻いたところに足跡があって
進むことはできます。
39.JPG

40.JPG

やれやれ月が出てきてしまいました。
41.JPG

しかし、どうなってん、って言うくらい崩落
しています。
42.JPG

振り返るとこんな感じです。
43.JPG

さらに先に進みますと、
44.JPG

不動橋(ふどうはし)
1966年10月竣工です。
ここだけ西暦で書かれています。
まぁ昭和41年だけど。
45.JPG

もうさっきから、鳥がねぇ・・・
46.JPG

なんぼでも続きます。
いつ終わるんやろ・・・
もうそろそろ帰らんと・・・
47.JPG

設置 昭和57年度
集合解散場所
こんなところに集合してたんですね。
ここで解散も寂しい話ですが。
48.JPG

49.JPG

50.JPG

いやもう、いつになったら終わるん?
51.JPG

また橋です。
橋と隧道無しには進めない山です。
雷橋(かみなりはし)
1966年12月竣工
52.JPG

53.JPG

またまた橋・・
羚羊橋(かもしか橋)
1966年12月竣工
54.JPG

まぁだまだ。
続く続く・・
55.JPG

まだまだ続くけど、ちょっとキリの良さそうな
場所を探しています。
ここかな?
56.JPG

いや、もうこの程度の崩落なら楽勝ですが、
夜の装備はして来ていても、泊まりの装備は
持ち合わせていません。
第一、明日は仕事ですから今日中に帰らな
いといけません。
57.JPG

この林道はまだ続いています。
58.JPG

でもね、あの月が私の帰り道を照らして
くれることになるのです。
59.JPG

この崩落を機会に、帰るきっかけとするのです。
そうしないと、際限無いよ。
自分の性格だと、際限無く行ってしまいます。
それはまた今度・・
60.JPG

61.JPG

帰りはね・・・もう早い早い。
すたこらさっさですよ。
で、遠くばかり気になるのよね。
62.JPG

林鉄跡無いかな、とか・・
63.JPG

先ほどの大崩落地は、明るいうちにクリア出来ました。
64.JPG

と言いつつ、行きと同じくらい写真は撮ってます。
65.JPG

でも遠くが気になる・・
66.JPG

何枚写真載せるんよ。
67.JPG

68.JPG

夕陽が残っています。
69.JPG

これは6本目でしたよね。
70.JPG

そうそう。
ここも明るいうちにクリアできました。
えーと、ただいま5時16分。
もう冬至過ぎてるからね。
71.JPG

でも急激にきましたわ。
暗くなってきました。
72.JPG

73.JPG

74.JPG

75.JPG

76.JPG

もう真っ暗。
77.JPG

隧道はもともと暗いから関係ないけど、
出口が闇ですね。
78.JPG

さすがに暗くてあまり写真を撮っていなかった
のですが、たまたま立ち止まってみたら、
行きには見つからなかった二ノ俣林鉄の橋が
遠く下界に見えていました。
こんな暗い中で見つけるとは思いませんでした。
79.JPG

この分岐を降りていくと、あの橋まで行けるの
かな?
今日は行きませんが。
80.JPG

6時50分、車のところに到着しました。

今度は泊まりで来て、朝から林道最終行きと、
次の日は林鉄跡・・・というようなパターンで
再訪してみたいですね。
距離が短いのが救いです。
その前に六厩川沿いを行っとかないと・・。
81.JPG

夜の鳥越隧道も行っとくか、迷いましたが、
行かなくて正解でした。
琵琶湖のほとりに着いたのが0時回りましたからねぇ。

posted by Shimneti at 02:30| Comment(3) | 隧道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 見ていてホントに楽しそうです。 (夜は恐いですが。)

   でもこんなところでもし、人に遭遇したら なお恐いですね。(ビビリ)
Posted by キリ☆ at 2010年02月15日 21:50
キリ☆さん こんばんは。

そうなんですよ。
霊感ゼロなんですけど、一度だけ、真っ暗闇の新宮鉄道跡のトンネル内で人に会ってしまってチビりそうになりましたよ。

キリ☆さんは大丈夫なほうですかね?

Posted by shimneti at 2010年02月16日 01:52
  マジですか!? 真っ暗闇で人に遭遇するなんてぼくなら大声で『うわぁwっ!!』って叫びますよ。(ケータイの着信音でたまにある。)

  何が恐いってお化けより生きてる人間ですもんね。

 あはは! ぼくはどちらも苦手です。(ビビリ)
Posted by キリ☆ at 2010年02月19日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: