カテゴリ
ダム・発電所(313)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2009年11月19日

三浦ダム(幻のダム)

二日前、急遽帰らなくてはいけなくなったリベンジ
です。

寝ずに戻ってきました。道中いろんなところに立ち寄った
ので、もう2時になってしまいました。

09年8月15日、 今日は平日ではないので、やはり
ゲートがかかっています。

ゲートの有るこの場所は昔はトンネルだった所だと思います。
1.JPG

このゲート横には 滝越発電所が有ります。
ここからは気持ちの良い森林軌道跡を歩きます。
2.JPG

しばらく歩くと木々の間からダムが見えてきます。
ダムと白谷川との間に放流のトンネルが有るん
ですが、川を歩いていけば見られるのでしょうか。
3.JPG

4.JPG

分かれ道。下流側から行きます。
5.JPG

三浦発電所到着!
変電設備越にダムが見えています。
6.JPG

当然ゲートがかかっていて入れません。
7.JPG

雪深い所ではよくみかけます。
どんなに雪が降っても、稼働しなければならない
施設で、守っていかなくてはならないのです。
8.JPG

9.JPG

ダム直下に三浦発電所建屋があります。
10.JPG

フェンスを乗り越えてみたいけど、いい歳してみっともない
ので、やりません。当たり前ですが。
11.JPG

でも、鍵が開いていないか確認してみたりしました。
当然、どの入口も閉まっていました。
12.JPG

本当に雪が深いということがよくわかります。
13.JPG

この雪用通路の先には、ダムからの水路が有ります。
14.JPG

フェンス越に発電所。
15.JPG

16.JPG

17.JPG

18.JPG

この空き地には建物が何棟か有り、以前はもっと
有ったような基礎の跡も残っています。

雪用通路の裏へまわるため、この建物をぐるりと
まわります。
19.JPG

建物同士の移動も、雪対策でしょう、通路は屋根付きです。
20.JPG

裏に回り込みまして・・・
21.JPG

取水用のゲートでしょうか。
22.JPG

ものすごい水流が・・・
23.JPG

時々あふれ出て来ます。
越流。

三浦発電所の放流水がこの先、滝越発電所まで
送られるようです。(地図を見ると水路がそうなってます。)
24.JPG

ここから見上げると、洪水吐のゲート建屋が見えるの
ですが、手前は山です。
洪水吐の先はすぐにトンネルに入って、白谷川へ放流
するようになっているんです。
25.JPG

左上、洪水吐。
真ん中下、常用吐。
26.JPG

エレベータ塔ですかね。
27.JPG

天端へと進むと、新しい林道と合流します。
私は右のアスファルトの森林軌道側から来ました。

この左側にさらに森林軌道のトンネルが有り、
さらに森林軌道は続いて行くのです。
28.JPG

これがそのトンネル。
今はちゃんとしたゲートがかかっています。

時間が有れば行くのですが、今日は帰らないと
いけません。
29.JPG

これは94年7月末です。
このように殆ど開いた状態でした。
しかも車で入れました。
30.JPG

で、昔、森林軌道を走れて良かった・・
・・といういつもの話になる・・
31.JPG

今も奥のゲートは開いてるんですがね。
32.JPG

天端近くには、駐車場も有りました。
平日はここまで来れる?
33.JPG

天端へ来ました。
林道起点から8.4kmも有ったかな?
34.JPG

天端に入ると、センサーが有り、豪勢にベルが鳴り
ます。
でも鳴らしちゃったものは仕方ないです。
35.JPG

「三浦ダム管理所」と書かれていて居られる様子でした。
きっと「どんな阿呆が来よったんや?」と上から見られて
いたことでしょう。
36.JPG

三浦ダム見張所 とも書かれています。
37.JPG

8.4kmも下流に駐車しましたよ。
38.JPG

戦前に完成したこのダムの風格は凄い迫力です。
コンクリートも少々痛んではいますが、良い風合い
です。
39.JPG

あそこにとても入ってみたいトンネルが有る
んです。
40.JPG

あそこにも登ってみたい・・・
41.JPG

けどダメなんですよね。
42.JPG

三浦発電所です。
43.JPG

天端です。
右が湖側ですが、管理用通路が雪用になっていて
残念ながら眺めは悪いです。
44.JPG

天端から先ほどの下流側を見ると
こんな感じ。
45.JPG

何か土地の使い方が不思議な感じです。
46.JPG

滝越発電所への取水です。水が強引に曲がって
入っていきます。
47.JPG

ここには以前はゲートでも有ったのでしょうか。
むしり取ったようになっています。
48.JPG

49.JPG

まぁディテールも。
水銀灯です。
50.JPG

51.JPG

雪用通路
何でこんな配置になってるんでしょう。
きっと意味が有るのでしょうね。
52.JPG

発電所からの変電部、送電部。
53.JPG

エレベータの塔屋。

この上のスピーカから、見張所の中の人?の声が
リークして聞こえていましたよ。
かすかだったので聞き取れませんでしたが・・・
54.JPG

これは?
55.JPG

地震計でした。
56.JPG

天端の管理用通路。
「見学者入口」と書いていました。
鍵が開いているか確認しますが、
もちろん閉まっていました
57.JPG

トンネルが見えてきました。
58.JPG

洪水吐からは急降下ですぐにトンネルへ入ります。
自分も入ってみたいけど、怖いでしょうな。
かなり急斜面なので上がって来れる自信も無いですし。
59.JPG

洪水吐のゲートの隙間から湖が見えます。
60.JPG

61.JPG

62.JPG

63.JPG

64.JPG

ローラーゲートの横には・・・
65.JPG

ラジアルゲートの跡が有ったりします。
何で?
付け替えたん?
古いダムですし、雪国でしょうから色々と苦労
が有るのでしょうね。
66.JPG

67.JPG

68.JPG

右岸からの三浦貯水池。
69.JPG

戦前に出来た、という歴史と、かっこいい取水部が
ラップしてそそるものが有りますね。
70.JPG

71.JPG

72.JPG

73.JPG

74.JPG

75.JPG

「白谷注水口巡視路入口」
76.JPG

あの森林軌道跡はどこなんでしょう。
電柱は見えていますが、関係有るかな。
77.JPG

78.JPG

コンクリートの遺跡が見えます。
森林軌道と関係あるのかな?
79.JPG

このまま登り続けるわけにもいきませんので、
来た道を戻ります。
川の水がとても綺麗です。その川に沿って森林軌道跡
を下りていきます。
80.JPG

81.JPG

銘板が風化して読めません。
第24号隧道?
82.JPG

これは何隧道でしょう?
83.JPG

84.JPG

まぁとにかく水が綺麗です。
85.JPG

86.JPG

無事蜂ヶ渕隧道まで戻ってきました。
87.JPG

88.JPG

89.JPG

90.JPG

車の場所までラストコーナーです。
91.JPG

ゲートが見えてきました。
やっぱりここトンネルだった所よね。
やれやれ、5時15分到着。
ちょうど雨が降ってきて、間一髪助かりました。
92.JPG
posted by Shimneti at 00:09| Comment(1) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真選別するの面倒くさくなって適当に貼ったら92枚にもなりました。最後まで見る人居らんと思いますけど、ほんまあほですねぇわたし。
Posted by shimneti at 2009年11月19日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: