カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2009年08月10日

愛宕山鋼索線跡リベンジ

09年3月21日 清滝隧道から愛宕山頂へ

09年3月28日 首無し地蔵から愛宕山頂へ

ぐうたら寝ている猫が、突然俊敏な動きが出来るように
若い頃は突然の山行きでも体力的に何の問題も無かっ
んですが・・・。

でもこのとしになると違うんです。
愛宕山は もはやアルペン登山です。
1.jpg

二週に渡って愛宕山に登っているのは、
ひとつは、今年は絶対に奥美濃の川浦谷を制覇
しようと思っているから、体力復活必須なのです。
川浦谷→洞の天井は、西の洞谷を詰めに詰めて
二泊三日かかる奥山。


もうひとつは、これ。  愛宕鋼索線跡。

昭和4年に敷設された鋼索線で、当時東洋一の距離
2kmを誇っていました。今でも相当の距離です。

清滝川駅の当時の写真。
2.jpg

現在の清滝川駅が有った場所です。

ここから、地上の楽園と言われた愛宕駅に定員の84名
の倍以上を乗せて上がって行っていたのです。

戦時中の昭和19年 平坦線と同様に鉄供出の為撤去
されたのでした。
3.jpg

4.jpg

5.jpg

登り始めてすぐに1つ目の隧道があらわれます。

続いて 2つ目も難なくクリア。
6.jpg

7.jpg

8.jpg

コンクリート橋を渡ると3つ目が現れるが・・中が真っ暗です。

中は・・・崩落していました。

全部で6つ有るという隧道。  この先へ進めませんでした。

9.jpg

10.jpg

11.jpg

7合目付近に楽園の跡らしきものが有りました。

3月21日は思いつきで行った為、下調べしていませんでした。
山頂に愛宕駅が残っていることを知らず、ここまでで、そのまま
山頂に登ってしまいました。

昔はここにホテル、旅館、スキー場が有ったのだそうです。
まさに地上の楽園だったのです。
12.jpg

13.jpg

14.jpg

さて・・・
今日はリベンジなのです・・・・

山頂の愛宕駅舎跡を見る、 そして、もう少し体力を復活させる。

とは言いながら、車で林道を上がって行きます。
15.jpg

首無し地蔵近辺は、崩落が復活した、という有様です。
16.jpg

首無し地蔵のすぐ脇に、車を置いて
山歩き開始です。
17.jpg

到底登山なんて呼べるものじゃなく、あっという間に
車を停めた場所も眼下におさまり、山頂の愛宕神社に
到着です。

あと少しの神社への階段には目もくれず、先週行った
あの遊園地跡を目指して下っていきます。
18.jpg

着いた着いた。  遊園地跡と思われる場所です。

もう、そう遠くはないはずです。愛宕駅・・
19.jpg

かつての駅前通りとは思えないような山道を進むと・・・
見えてきました。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

傷み放題、荒れ放題 ですが、よくぞ残っていてくれたものです。
70年以上の風雪に耐え、ひっそりと建ったままなのです。
29.jpg

山頂近くに有るせいか、サバゲーやいたずらによる
傷みは殆ど有りませんでした。

いつまでも残っていて欲しいものです。
30.jpg

別れを惜しみながら、山頂へ戻り、 愛宕神社へも
参ります。
31.jpg

何やら工事中のようでした。
32.jpg

スキー場跡らしき所も見つけましたが、定かではありません。
33.jpg

34.jpg

35.jpg

ノスヒロがたくさん転がっていて、楽しさ全開です。


2スト時代のジムニーです。
36.jpg

37.jpg

屋根は無いも同然。
38.jpg

もと来た道をどんどん下り、林道まで戻って来ました。

なんと楽勝な山歩きだったんでしょう。

ピストン林道を何本か行って、帰途についたのでした。
39.jpg
posted by Shimneti at 03:56| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: