カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(44)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(98)

2009年07月30日

徳山ダム〜試験放流

2006年9月25日から 試験湛水を開始した
徳山ダム。

2007年7月2日に最低水位(標高363.5m)
を突破し、

今年になって4月18日に常満(標高400.0m)
到達。

4月21日にはサーチャージ(標高401m)に達し
4月24日からいよいよ放流開始しました。

見に来ましたよ〜 放流!

新緑の土倉鉱山跡に立ち寄ります。

早朝出発の予定が、寝坊して 土倉鉱山跡
10時過ぎ通過です。
1.jpg

寝坊したものだから 徳山会館に11:40頃着。

大渋滞のシャトルバスに乗り込み、 いざ徳山へ。
2.jpg

見えてきました。 

堰堤上はもの凄い人で混み合っています。
みんなよく知ってますね。
3.jpg

クレストラジアルが4門 ついています。

うち3門放流中。
4.jpg

下流側から向かって左から1号〜。

3号が放流していません。

オリフィスもラジアルで2門 という事ですが、
見える角度が有りません。
5.jpg

ラジアルゲートのこすれたあとでしょうか。
6.jpg

流していないクレストは何やらメンテ中の様子。
7.jpg

8.jpg

洪水吐きを過ぎると のどかなロックフィルの風景
なのです。これが重力式アーチと違うところです。
9.jpg

10.jpg

11.jpg

後で警備の方に頼んで利水放流口だけ写真に
おさめました。

ここからダムは見えません。
12.jpg

ロックフィルなので 堰堤の手すりは こんな鎖
だけです。
13.jpg

それにしても ゴッツイ鎖です。
14.jpg

あんなに大渋滞なのに ダムの端っこには
誰も居ません。
15.jpg

その端っこには 慰霊碑があります。
16.jpg

総貯水量 日本一という 徳山ダム。
6億6千万m3

徳山の村はこの下に沈みました。
17.jpg

約1時間 見学して 堰堤を後にしました。
18.jpg

19.jpg

シャトルバスで徳山会館に戻って来ました。

  2006年11月20日

  紅葉する山々に見守られ、本郷にあった「徳山小学校」
  は沈んでいきました。

  正確には12月28日にそのすべてが見えなくなりました。

展望できる場所にそう書かれていました。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

徳山ダムが放流しているので、揖斐川下流も水量が増えています。
横山ダムと久瀬ダムはクレスト放流中でした。すごいすごい。
posted by Shimneti at 00:22| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: