カテゴリ
ダム・発電所(327)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(60)
その他(117)

2020年08月30日

鮒田発電所跡

最近、懐中電灯ネタを全然やっていないが、なんとなく
自分としては落ち着いた感がある。
なにせ一万ルーメン超の威力を見せつけられた日には
もう暗闇の概念そのものが変わってしまった。
洞窟であろうと廃隧道であろうと、自分の部屋と変わらぬ
明るさにあっては、何の恐怖も芽生えないことに気づいて
しまったのだ。

鮒田発電所跡に着いたのは、すっかり夜になっていた。
案の定だよ。そろそろ終わりにしましょう、と切り出さない
限り際限がない感じだ。次どこ行く、と言い出しかねない。

明るいライトに照らされて花粉がキラキラと光っている
のには閉口した。
01.jpg

発電所跡だ、と言われたら、なるほど、という感じだ。
放流口らしきのが見える。
02.jpg

03.jpg

取水堰堤まで、そう遠くない、と言うから行きそうに
なったが、やめておいた。
04.jpg

05.jpg

明るい時間に見たいじゃない。再訪した。
大人になったもんだ。
06.jpg

バス停は「発電所前」だ。素晴らしい。
07.jpg

08.jpg

明るいと景色も違う。明るい方がいいな。
しかし昔は違った。写真を撮るようになったからだな。
写真を撮らなかった時代には夜の徘徊が専門だった。
そんな時代が懐かしい。大人になったんだ。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

せっかくだから取水堰堤跡も見に行く。
12.jpg

なかなか良い感じだ。
13.jpg

14.jpg

紀州の山林を感じる看板だ。
15.jpg

対岸の水路と高さが合ってきた。そろそろ取水だ。
16.jpg

水路は橋で越えていたのか。
17.jpg

18.jpg

橋の跡らしき鉄骨。この辺りが取水堰堤だったの
だろう。
19.jpg

取水堰堤到着。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

引き返す。
27.jpg

発電所跡の上のほう。水路はどの辺りなんだろう。
ここからは、もうどこに水路があるのか、もわからない。
28.jpg

長閑な風景だが、ここは紀州の山。
この後、いやというほど紀州の山を思い知らされる
ことになった。
29.jpg

あの花粉を飛ばしていた枝は、昼間も元気に
花粉を飛ばしていた。
30.jpg
posted by Shimneti at 17:08| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月08日

旧湯浅駅

このコロナ禍の中、用事が有って湯浅に行った。
車での移動だから、駅には全く用は無かったのだが
ふと前を、と思って通ってみたら、こんなことになって
いて驚いた。
01.jpg

新駅舎に生まれ変わろうとしていた・・・ではないのか。
横に新駅舎ができかかっていた。旧駅舎はこれから
どうなるのかは知らない。解体していないところを見ると
何等か残ってくれるのかもしれない。
02.jpg

03.jpg

04.jpg

中は今は物置になっていた。
05.jpg

新駅舎からの仮設。どうなっていくのか。発展途上。
06.jpg

駅の真ん前にはちょっと面白い建物が有った。
現役の喫茶店。周りが居なくなって、ちょっと傾いて
見えるんだよね。あるいは、本当に傾いているのかも
しれない。
正面から見るとその傾向著しいのだが、ちょっと写真
は撮るのははばかられた。
07.jpg

08.jpg

グーグルのストリートビューならまだ更新されていない
かもしれない、と思って見てみたら、やっぱり有った。
2018年7月撮影、となっていた。
09.jpg

10.jpg

ついでだから駅舎も。いい感じだねぇ。
11.jpg

12.jpg

新しい駅も。
13.jpg

ほぼ完成。運用はすでに開始している。
14.jpg

湯浅の街並みに合わせて、それに似合った、そしてちょっと
いやちょっとどころじゃない利権も絡みつつ・・・・・、
そんな駅前ロータリーが出来上がりつつあった。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg
posted by Shimneti at 13:28| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月03日

東青山駅跡までの道のり 崩落

先般からの大雨で崩落しているという情報得たり。
01.jpg

リベラルパークは相変わらず。閉まっているようだが
とてもきれいに整備されている。廃墟ではない。
02.jpg

03.jpg

この辺りの道は無事のようだ。
洗濯機が有る。
04.jpg

2槽式だ。だれがこんなところで洗濯しているのだろう。
05.jpg

ここから先は急坂となる。
06.jpg

急坂、急カーブ。ここも無事だ。
07.jpg

無事だ・・・と思ったのも束の間。
先方に先客が見える。
08.jpg

今までとは違う風景だ。
09.jpg

ここで道は崩落していた。
10.jpg

先客が居たら、もう引きの撮影を忘れる、という体たらく。
いかんですな。
11.jpg

12.jpg

斜面には踏み跡が有り、越えることは出来そうだった。
13.jpg

ちょっと登ってみた。でもここまでで断念。残念。
もし東青山駅跡に行ったことが無かったなら、突き進んだに
違いない。
14.jpg

15.jpg

16.jpg
posted by Shimneti at 01:58| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする