カテゴリ
ダム・発電所(324)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(58)
その他(116)

2020年04月25日

布目川発電所 関西電力

R163を走っていると見える発電所。
でも木津川も有るし線路も有る。
向こうの谷を通って行くのか、川を渡るのか。
01.jpg

まぁどちらにもルートは存在していた。当然だよな。
でもどちらも狭く、ランクルみたいなでかいのを走らす
だけで、楽しくなっちゃう道だ。

あの鉄塔くらいまでは行ってみるか。
02.jpg

03.jpg

水圧鉄管は山に隠れて・・・
04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

谷を通るルートを行ってみた。
道中、白砂川や布目川に水道局の取水も有ったりして
見どころいっぱいだ。
08.jpg

やがて、これは発電所関係でしょう、と言う雰囲気の
場所が出てくる。
車を放っぽりだして、撮影に出た。
09.jpg

これは取水だね。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

さらに進むと、沈砂池らしきのが見えてくる。
もちろん進む。
20.jpg

取水との位置関係はこんな感じ。
振り返ったら先程の取水が見えている。
21.jpg

フェンスは厳重だが、自由に見させてくれるおおらかさ
が関電には有るように思っている。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

このすべり台は何だ?と思って撮影した、の図。
26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

そして・・水路が続いている。
水路はこのまま発電所まで行くのだろう。
36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

このまま水路を歩いていって、発電所に着いたら
真っ暗だった、というようなことになりかねない時間
だったから、ここは車で移動した。
40.jpg

で、発電所に車横付け、と思っていたら、この橋で
通行止め。
41.jpg

おかげで、見どころを少しばかり立ち寄ることができた。
42.jpg

43.jpg

44.jpg

通行止めの原因となった場所。
これは越えられんね。
45.jpg

ちょっと川辺に降りてみた。
46.jpg

甌穴が見られる。
そんじょそこらの時間で出来上がったものではない。
数十万年から数百万年もかかったできたものだ。
47.jpg

48.jpg

49.jpg

50.jpg

歩を進めると、発電所よりも先に余水の鉄管らしきのが
見えてくる。
51.jpg

52.jpg

53.jpg

そして発電所。
もうすっかり暗くなってきた。
54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

59.jpg

正式な玄関はどこか、と思わせるような厳つい出で立ち
だ。
60.jpg

横には線路。
61.jpg

62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

発電所の裏手に回ってみるか。
66.jpg

いい感じで登れそう。
67.jpg

68.jpg

69.jpg

水圧鉄管の横顔が見える。
45度近いな。
70.jpg

71.jpg

72.jpg

望遠で。
何やら穴が見えるね。今気づいた。
だから行ってないぜ。
73.jpg

これは鉄塔が建っている場所だ。
74.jpg

すごいな。これ。
75.jpg

76.jpg

77.jpg

78.jpg

ここからは、あの有名な廃墟、笠置観光ホテルが見えている。
79.jpg

80.jpg

81.jpg

・・と言うことはだよ。その廃墟からも発電所が見える、
と言うことだ。
ちょっと探してみた。
屋上あたりから撮っている中に何枚か発電所が写って
いるのが出てきた。
そんなつもりで撮影してないから良いアングルや望遠
が無いのが残念。
82.jpg

83.jpg

84.jpg

85.jpg

すっかり暗闇だ。帰ろう帰ろう。
86.jpg
posted by Shimneti at 22:36| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

津市半田の謎の階段

磨洞温泉に向かう、比較的新しい道。
たまに通るけど、そのたびに気になっている階段が有る。
これは南の方、磨洞温泉側を見た写真。
01.jpg

こちらは逆。北の方を向いている。
02.jpg

ちょっと使われている感が少ない階段だ。
この道が出来た時に一緒に作られたものだろうな。
03.jpg

国土地理院にはちゃんと載ってる。すげー。
04.gif

05.gif

ちょっと登ってみる。
登り切ったところにいきなり人が居てびっくりした。
06.jpg

登り切って振り返ったところ。
野良仕事用の便所みたいなのが有る。
07.jpg

予想に反して、普通の野良仕事用の道だ。
08.jpg

景色は良い。この辺りは磨き砂の産地でもある。
09.jpg

ちょっと散歩した。
わざわざこんなの投稿すんなよ、・・・と言われても
コロナで人に会わんとこう、と思ったんだから仕方が
ない。にもかかわらず人に出くわしてしまった。
どこにでも人が居るもんやな。
10.jpg

posted by Shimneti at 22:45| Comment(0) | 林道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

新型コロナ2

パンデミックが終わっても元の世の中には戻らない
日本人の気質が楽観的にならないのは、それは災害の
多い島国に住んでいるからだ、と言われている。
地震など大きな災害に遭うと、人生観が変わってしまう。
幸い災害に遭わなくても、あ〜良かった、ではなく、明日は
我が身、と思うものだ。
しかしパンデミックはちょっと違う。広範だ。初めっから
みんなの問題だ。
今はパンデミックなのか?という疑問は置いといて、
パンデミックはいずれ終息する。
パンデミックが終わっても元の世の中には戻らない。
それは歴史が物語っている。文明が滅び新たな文明が生ま
れる。パンデミックでみんなの人生観が変わっているのだ。

パンデミックはどうやって終わるのか
パンデミックは70%の人が罹れば終息していくのだそうだ。
なるほど。みんなが一気に罹ると医療崩壊してしまう。
罹る人数のピークを分散させないといけない。しきりに医師達
が言っていることだ。


今をチャンスと捉え、などと言うが、命を落とす人だっている。
難しい問題だ。
自己免疫力を高めておくことが大切だな。
posted by Shimneti at 16:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする