カテゴリ
ダム・発電所(324)
鉱山(55)
林道(57)
隧道(113)
(17)
鉄道(58)
その他(116)

2020年02月23日

紀州鉱山は? 中央竪坑・八光竪坑

紀州鉱山にはもう何度も通っている。随分前から。
でも、例によって学術的ではない。
単に無闇矢鱈とうろうろしているだけだ。
それでも「知らない場所なんて無いさ!」なんて勝手な
自信も有ったりしたのだが、だんだん世の中ネットの時代
になって、むしろ知らないところの方が多いことに気づき
始めた・・・矢先に、誘われた。久しぶりに行ってみるか。
もちろんたいがいの場所は行ったことがある。それらの
今を見ることができた。
それよりも新鮮な気持ちで見れた場所の方が印象深い。
まぁ当然か。
そんな場所について、記載しておきたい。

その前に、折しもこのような本が出版されていた。
「紀州鉱山専用軌道」 あの名取紀之氏著だ。
初版2017年4月。 私の「久しぶり」は、この書を手にする
直前のことだ。ほどなく入手した私は、立て続けに鉱山を
再訪することになった。
01.jpg

この書の中に「紀州鉱山主要坑内外図」があり、
これを見るだけでも紀州鉱山がどれだけ大きい
鉱山だったかがよくわかる。
その中には竪坑が4つ描かれている。

八光竪坑
中央竪坑
木矢谷竪坑
上川竪坑

もちろん紀州鉱山にはもっと竪坑が有った。私が
知っているだけでも大嶝、湯ノ口、惣房・・・e.t.c.
それらはなぜか描かれてはいない。
そして、八光、中央、この二つは行ってみようと
したことすら無いな。
ただ・・・行けるとはかぎらない。
竪坑というと、地面に大穴が開いていて、その上
に櫓が有って、と思ってしまうが、そうとは限らない。
上川のケースがあるからな。上川は坑道の中に
竪坑が有るから見ることができない。

国土地理院の地図に八光と中央の位置を正確に
写した。・・と言っても、情報源がこの書の地図なの
だから、そもそも何処を指しているのかは明確では
ない。
02.gif

03.gif

まずは地薬方面。中央竪坑の場所だ。
右、小船。左、地薬の分かれ道。
この左側には畜産業者がある。
04.jpg

こんな山道を進む。なんとなく立禁だったかも
しれないが、山はみんなのものだ。
05.jpg

ほどなく、遺構あり。コンクリート製だ。
06.jpg

こんなのが4か所、四角形に配置されていた。
きっと何かの櫓の基礎だろうけれど、中央竪坑に
関係するようには思えないなぁ。
07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg







続いて八光竪坑が有ると思しき場所を目指す。
こちらは、もはや道じゃない。
山の中を彷徨う。
11.jpg

12.jpg

不思議なことに、ここにもこんなのが有った。
こちらのほうが規模は小さい。
これも八光竪坑とは関係しないのじゃないかと
思った。

と言うことで、これら二つの収穫は無し。
13.jpg

14.jpg
posted by Shimneti at 18:14| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする