カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(54)
林道(56)
隧道(112)
(17)
鉄道(58)
その他(112)

2019年12月29日

春日鉱山(河合鉱山)中山 索道跡の林道の奥

仕事中に地図を眺めている、なんていうことは断じてない
・・こともない。
この地図を見て、「ああ、あそこね。」とすぐにわかる人は
(住民を除いては)マニア的怪しさが有るね。

さて、今回の目的地は?
コレの続きのようで、そうでもない。

そう。あの索道跡の上部にはM氏が連れて行ってくれる
ことになっていたが、常に探索エリアを拡大している氏は
この時はすでに山梨や群馬や新潟にまで足を延ばして
おり、私のような年寄を相手にする気配はもはや無かった。

従って、一人で行ったのだが、その時のことはまた気が
向けば投稿することにする。

で、その索道の上部には、予想に反せず坑道が存在して
いたのだが、M氏曰く、坑口はここだけではないはずだ、
と言うのだ。いや、この意見には私も賛成だ。なにせ、この
近辺の坑道を持つ鉱山の多くがそうなっている。
今回の目的地は、その候補か?
さすがにそれは無いな、と思わせる距離感ではある。
だいいちそんな規模のズリも見当たらない。
でも行ってみずにはいられない。
01.gif

02.gif

もうひとつの理由はこれ。
国土地理院の航空写真だ。
2004年には林道が完成している。
03.gif

1979年〜83年の写真。
そんなに驚く昔のことではない。林道はまだ途中だ。
04.gif

1974年〜78年の写真。林道は見当たらない。
05.gif

問題はこの1979年〜83年の写真。
何かある。
その何か、は鉱山に関係するのか、ただ林道を作る為の
ものなのか。
いや、ただ林道を作る為、と言っても、この林道すら謎だらけ
でもあるが。
06.gif

そんなわけで、現地。
索道下のガレは、いつも車が通れる程度には整備して
くれてあるから、そのまま車で走れるのか、と思って
しまうが、すぐに通れなくなってしまう。
なら、何故整備するのだろう。いつも思う疑問だ。
07.jpg

これは乗り越えられないでもない。
08.jpg

09.jpg

でもこれは面倒だ。従って歩いていく。
10.jpg

道中、時々視界が良くなる。
清水の現役鉱山を振り返る。
11.jpg

12.jpg

1979年〜83年にできた林道、というのはこういうものか。
と思わせる擁壁。
13.jpg

場所はここ。
林道の向きが変わる。
14.gif

日当たりが変わるからして、林道も違った様相を呈してくる。
15.jpg

夏には来れたものじゃない、だろうな。
16.jpg

ほどなく目的地近くにやってきた。
17.gif

少し開けた雰囲気にはなっている。
18.jpg

あぁ、なんとなく予想していた通り。
何もない。
19.jpg

沢筋を登ってみる。
20.jpg

この先に何かある、と言うのだろうか。
21.jpg

無い。
22.jpg

今来た林道の方を見下ろす。
23.jpg

早々と何も無いと結論付けてしまった私は、せっかくだから
林道の最果てを目指すことにした。
24.jpg

25.jpg

もはや復活などまったく期待できない荒れっぷりだ。
26.jpg

崩落地には、何かあるぞ。
27.jpg

へしゃげた車だ。
28.jpg

キャリーか?
29.jpg

30.jpg

31.jpg

そして、この林道最大の難所。
32.jpg

細心の注意をはらって通過する。
33.jpg

難所を乗り越えるとまた林道が続く。
34.jpg

35.jpg

最果てがもう見えてきた。
36.jpg

37.gif

ここにきて、林道のど真ん中にモノが登場する。
38.jpg

ここにも廃車が有る。
ここに来て、あらためて、25年以上前に来ていた場所で
あることを確信した。
39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

タウンエースかと思ったが、ダイハツデルタのほうだった。
44.jpg

林道はあと少し続いている。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg

49.jpg

50.jpg

1974年〜78年には無かった林道。その後完成し、
そして、今現在、早くも打ち捨てられている。
何か目的が無ければ、このような道ができよう訳が無い。
治山のために出来る林道の多くはこのような道を辿るが、
この林道に関しては、そうじゃない、と感じさせる何かが
ある。まだまだ何か宝が隠れているんじゃないか。そう
思っている人々が居るに違いないのだ。
posted by Shimneti at 01:57| Comment(4) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

小岐須渓谷 石大神2

久しぶりに石大神(しゃくだいじん)に行ってみよう、という
ことになった。久しぶりと言っても約2年ぶりのことだ。
私の場合、近頃は2年くらいだと久しぶりとは言わない。
最近の部類。

休鉱している鉱山跡は立入禁止。だけど石大神に近づ
こうとしたら、ここは入らざるを得ない。

ちょっと失敬。
01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

水位計測か?現役のようす。
05.jpg

06.jpg

石大神。ガレた中に、すぐに姿を現す。
07.jpg

道中いろんな角度から石大神を見ることが出来る。
08.jpg

さらに道中、「ほら、索道の支柱がある」
「あ、ほんまや」
いやいや、あ、ほんまや、は正しい反応ではない。
だって2年前に行ってるんだから。どんだけ忘れて
るのかね。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

石大神の横に広がる削られた跡。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

前回は辛うじて降りることができた階段が崩れ落ちていた。
21.jpg

2年前はこのように大丈夫だったのに。
22.jpg

23.jpg

石大神の頂上近くまでやって来た。
24.jpg

こうして見ると、なかなかの痩せ尾根だ。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

ここにだけフェンスが有り、鉱山マン達も拝んでいたに
違いない。
28.jpg

29.jpg

紅葉で近辺の山は人で賑わっていたが、ここに来る人は
居ない。
30.jpg

石大神は結構好きな部類だ。なぜなら、山頂に変な
ものがあるから。
索道のバケットとレール・・・。え?レール?
そんなわけない。記憶なんて曖昧な物。
ワイヤーだ。
31.jpg

32.jpg

山頂に行くまでもなく、もうほら、こんな所に。
33.jpg

索道の滑車でしょう。
34.jpg

山頂にはバケットとかワイヤーが有る。
35.jpg

36.jpg

もうちょっと高いところまで行ってみた。
37.jpg

38.jpg

39.jpg

鉱山はさらに上まで削られている。
40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

最果てと思しき場所からは尾根伝いに降りれそうだ。
44.jpg

最果てと言っても、上の方向には、まだまだある。
だがもうこれ以上は行かない。
45.jpg
posted by Shimneti at 00:40| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする