カテゴリ
ダム・発電所(323)
鉱山(53)
林道(56)
隧道(112)
(16)
鉄道(58)
その他(111)

2019年04月21日

廃墟 鱒池亭

最近気づいた。私は社内では廃墟マニアだと思われている
らしい。
廃墟の話題になると、「あいつやったら知っとんで」となるし、
若い人が「Shimnetiさんちょっと連れてって下さいよ」、と
いうのは大抵廃墟のことを言っている。

だけど私は廃墟マニアではない。本当のマニアの人から
すれば私など、少し廃墟にも行く人、というレベルである。

私が行く林道や鉱山、発電所には廃な物が多いから、
そんなイメージになっているのだろう。
また多少そういう行為をしていることも事実。

せっかくだから廃墟を何点か。とは言え随分ま前の訪問。
時の経つのは早いもので、もうあれから5年近く経とうとしている。
今も健在だろうか。

比較的良い道沿いに有る。
01.jpg

車が停まっているのが見える。
02.jpg

看板もある。
03.jpg

04.jpg

この車によってここが「鱒池亭」という名前だと思った。
帰ってから検索すると、やはり有名物件。
05.jpg

廃な車も好きだ。よく眺めている。
チェリー バネット コーチ 2.0SGX である
サンルーフ付きだ。

勝地 鱒池亭
自然公園,岩風呂,鱒つり
お食事,鱒鯉料理,ご宴会

などと書かれている。
06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

車の周辺にはすでにいくらか廃な小屋が見える。
鱒池亭は川をはさんだ対岸に有る。
10.jpg

木々の間から建物が見えている。
11.jpg

ここから望遠で満足しておこうか、とも思ったが、やっぱり
ちょっと行ってみることにした。
12.jpg

川を渡るためのアプローチ。
13.jpg

まずこの橋を渡らねばならない。
だけど帰りはここを通らなかったので、必ずしも
この橋を渡らなければ辿り着けない、と言うことは
ない。
14.jpg

さほど高くないし短いし渡るのは簡単だ。
15.jpg

16.jpg

6月だったが、すでに鬱蒼とした雰囲気である。
17.jpg

外界との仕切りはすでに無く、いらっしゃい状態だ。
18.jpg

自然な岩斜面にしがみつくように建てられている。
19.jpg

昭和な雰囲気に萌える。
もうすぐ替わる令和からすると二世代前ということか。
20.jpg

鳴る心配が無いから、用は無くても安心して押せる。
21.jpg

奥へと進んでみる。
22.jpg

崩落した階段
23.jpg

浴場か。
24.jpg

25.jpg

対岸、元来た林道側にも建物が見えている。
帰りに寄ってみよう。
26.jpg

27.jpg

どんどん進む。
いまや何の部屋だったかはわかりづらい。
28.jpg

比較的大きめの部屋。
おどろおどろしい雰囲気になっている。
29.jpg

現役時代はさぞ風情が有って良かったろうに。
30.jpg

まだ上が有る。
31.jpg

先程の崩落階段を見下ろしている形だ。
32.jpg

どれもこれも懐かしい雰囲気。
33.jpg

食事中には見られないことを願う。
34.jpg

臭ってきそうだが、もちろんもう臭いは無い。
35.jpg

36.jpg

37.jpg

あちこちに手を洗う所が有るのは良いことだ。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

浴室まで有る。
41.jpg

斜面にへばりついているのだから、3階であっても
外を見たらこんな感じだ。
42.jpg

セントラルヒーティング。
懐かしい響きだ。
昔、お金持ちの友達の家は、「あのおうちはセントラル
ヒーティングなんやで」なんて言ってたもんだ。
43.jpg

あの橋を渡らずとも、川を渡ることができる。
44.jpg

鱒池亭ともおさらば。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

48.jpg

対岸のこちらに。
49.jpg

50.jpg

レトロな照明、とか言っているけれど、今赴任中の三重の
アパートも似たようなものだ。
51.jpg

ちょっと中も見てみるが、あまり珍しいことは無かった。
52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

鱒の養殖をして、料理も有って、泊まれて。
そんな場所だったんじゃないかな。
58.jpg

59.jpg

林道復帰。
60.jpg

林道からの眺め。
こういうことが流行らない時代になったのかな、
と、つくづく思う今日この頃。
61.jpg
posted by Shimneti at 00:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

銚子川橋老朽化通行止

例年なら、もう少し早い時期にこの辺りをうろついているが、
今年はいろいろ忙しく、4月になってしまった。

一日目の土曜日は軽めの山に散歩。
二日目日曜日は、ちょっと気合い入れて銚子川のあの一本橋
にでも行くか。

ところが・・・一日目、土曜日の山は、超ハード。へろへろ。
お得意の夜中下山。日曜日に銚子川なんて無理だな、と
早くも気合いが入らん状態。

まぁ遠景だけでも拝んでおくか、と、林道に入ったとたん、
なんだか新しい看板が。
01.jpg

無視して進むと、第二弾の看板。バリケードもある。
02.jpg

ほほぉ、奥に銚子川第二が有るというのに、こんな序の口の
橋で通行止かね。
03.jpg

どんなフェイクかね?と歩き始めた。
04.jpg

ほどなく到着。
05.jpg

ありゃりゃ。ほんとだったわ。
大きなトラックも走るし、危ないのかな?
06.jpg

こっから歩いていくなんてもっと大変だし、あきらめる
良い理由になって、内心とてもホッとしている。
07.jpg

どうするのか役場に聞いてみようか、とも思ったけど、
休日だしやめておいた。
彼の地は当分お預けかな。
08.jpg

09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

それにしてもやっぱりすげーな。岩のでかさが。
16.jpg

17.jpg
posted by Shimneti at 04:33| Comment(0) | 林道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

天気予報

アルプス級の山に登るなら、・・・・・
天気予報はもとより、天気図情報、レーザー情報など文明の利器
を活かして、目的地のピンポイント天気を自分の責任で予想して
行くものだ。

だけど、鉱山の探索くらいなら・・・天気予報を見ていく
のは普通のことだと思うけど・・・。


土曜日:
  天気予報:雨
  従って部屋でじっとしている。
  なのに雨は降らなかった。
  腹が立った。

日曜日:
  天気予報:全国的に高気圧に覆われ東海地方はおおむね晴れ
  従って喜び勇んで出かけた。ただ夜半からの雨は少し残っていた。
  現地到着。雨は止むどころか本降り。時折土砂降り。
  ずぶ濡れになりながらもカメラに傘をさしながら、探索決行。
  やっぱり腹が立った。

でも私は気づいた。
天気予報が雨で、家でくすぶってしまって、腹が立つより、
天気予報が晴れなのに現地で裏切られた方がよほどマシだ。
腹は立ったけど、楽しい探索となった。

でも、これ土曜日に探索してたら、まったく雨に降られず、
何も問題無かったんじゃないの?やっぱりしっかりしてくれよ
と言いたくなるな。

雨の山中に佇む索道の吊り。
01.jpg
posted by Shimneti at 00:06| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする