カテゴリ
ダム・発電所(308)
鉱山(43)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(95)

2016年12月31日

室生ダム 下山橋 廃橋

室生ダムには今年になって2回目、と書きましたが、
実はその後またプラス2回訪れています。
ダム訪問と言うよりは、別の目的、主に山歩きです。
01.jpg

ここもそのうちの一つ。竜鎮渓谷。
この日は雨の中これを行きました。
02.jpg

03.jpg

04.jpg

なかなかに味のある看板です。「先般の大雨」と言うのは何時の
ことを指しているのでしょうね。
05.jpg

06.jpg

07.jpg

いや、ちょっと待てよ。そんな雨の中の竜鎮渓谷のことは
また別の機会に書くとして・・・
ちょっとダム湖周辺を歩いてみよう。
08.jpg

ダムの裏っかわも見えます。
※正確にはこちらがダム正面ですが私にとっては裏。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

これこれ。この橋。下山橋です。これ渡っとかんと・・・と思ったら、
12.jpg

13.jpg

・・・やっぱり。。
何回室生ダムに訪れて、これに気づいとんねん、っちゅう話。
嗅覚 にぶり過ぎやなぁ。いつから通行止になってるんやろ。
14.jpg

以前は何とも思ってなかったこの橋も、通れないとなると
急に愛おしくなるから不思議なものです。
15.jpg

ここから簡単に行けた対岸や、橋のど真ん中から見る
ダム湖の風景は過去の幻と化していくのか・・・
そう思うと俄然興味がわいてくる。
16.jpg

17.jpg

平成28年6月1日から。 以外と最近の話だったのね。
という前にこの看板・・・ 何か適当な感じ。
通行止の右横の赤のテープは何だろ。
「6月1日から」って書いたけど、通行止期間 長ごぉなりそやぞ。
何年か書いとこ。
「H29年・・」 おっと、H28年やんけ。 ちょっと書き直して・・・
ってな具合です。
18.gif

乗り越えられなくもないフェンスの隙間から。あらためて
通れなくなってしまって初めて感じる哀愁と惜別の念を
抱いています。こうしてみると確かに傷んできていますね。
でもまだ通れなくもない。いずれは撤去してしまうので
しょうか。
19.jpg

20.jpg

昭和48年12月竣工です。私より若いのになぁ。
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

対岸の取水設備を眺めながら、その対岸に向かって
行きます。
27.jpg

28.jpg






対岸にワープ。(車で)
しかしここから先は車では進めない。
29.jpg

30.jpg

31.jpg

初瀬水路というらしい。
32.jpg

33.jpg

34.jpg







さらにワープ。対岸、下山橋への林道入口地点です。
35.jpg

36.jpg

うぉお、すごいことになってる。
しかし、本日は別の目的があるから退散。
37.jpg

38.jpg






10月になって、またまた再々訪。
39.jpg

対岸にむかっていざ出陣。
40.jpg

41.jpg

42.jpg

こんなに歩きやすいところも有ります。
43.jpg

ほどなく、ここやな、という場所が出現。
44.jpg

45.jpg

廃な雰囲気です。
46.jpg

47.jpg

48.jpg

吊元。
49.jpg

50.jpg

51.jpg

対岸を少しばかり散歩して退散。
52.jpg

下山橋の入口南東側
53.jpg

下山橋の入口北西側
54.jpg

下山橋の林道入口にあるやつ
55.jpg

56.gif
posted by Shimneti at 17:53| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

室生ダム

室生ダムに来ました。今年になって2回目の訪問。

最近はダムが好きな方々のおかげもあってダムへの
理解が進んできたと思います。
ダムは壮大な計画のもとに建設され、水の利用、
電力、防災、とその恩恵が当たり前になっています。
その一方で、元々有った自然環境、生物への
影響など、想定以上の悪影響も有るかもわかり
ません。総合的に是非を判断しなければならない
ものなのです。
そう言ったプラスの面、マイナスの面のどれか一部
を取りあげてどうこう言うことがナンセンスである
ことをマニア達がダムの役割を詳しく伝えてくれる
ことによって、浸透してきたのだと思います。
01.jpg

宇陀川に有る室生ダムもまた壮大な計画のもとに
建設されたダムです。
淀川の総合的な有効利用を目的として建設された
多目的ダム。
そして幾度となく流域の洪水被害から守ってくれた
こともまた、周知のものとなってきています。
02.jpg

2月には吐きの工事をしているようでした。
でもこの日は工事の人はいませんでした。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

静かな天端道路。車で通過することができます。
06.jpg

管理棟の前に駐車スペースと説明書き看板が
あります。
07.jpg

08.jpg

09.jpg

イベントでもないかぎり、静かなダムが最大限の
アピールをしているのがこの看板達なのです。
もっとアピールすればいいのに、と思うけど、
逆に控えめなところが男前だとも思ってる。
10.jpg

11.jpg

12.jpg

2月なので寒々とした感じです。
13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

ゲートが少し開いて・・でもこの迫力。
18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

遠く、室生ダム発電所のところまで道が有ります。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

建設当初のものでしょうか。その横には現役っぽい
ものも見えています。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

下流側へ向かう道中に少しのビューポイント有り。
36.jpg

37.jpg

ところが・・ダムの下へ行けそうな道はゲートが有りました。
なんか普通の家に有るような門です。
38.jpg







さて、こちらは9月。 こうして写真で見ると2月に比べて
暑い、というようには見えないな・・・
39.jpg

この時はホロージェットから放流していました。
40.jpg

おなじく9月のダム湖。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

ズームで下山橋。
44.jpg

45.jpg

46.jpg

47.jpg

発電所の放流です。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

こんなところに看板が有るのは、この時
初めて気づきました。
56.jpg

ズームでなんとか。 しかしもっときれに撮りたいものです。
この看板、上にも欲しいね。
57.jpg

58.jpg

59.jpg

それでは、ちょっと下流側に。
60.jpg

道中からズーム。
61.jpg

下流側の道路。
もちろん歩き。
62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

66.jpg

発電所手前で終了。
67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

71.jpg

門の隙間から撮影。
72.jpg

撤収。
73.jpg
posted by Shimneti at 16:05| Comment(0) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする