カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(57)
その他(98)

2017年10月21日

尾小屋鉱山の鉱滓ダム周辺

地図、黄色の地方道の右端のほうが峠。
大きなS字のあるところに車を停めて散歩し始めた。
01.gif

北陸鉱山と書かれた立入禁止がある。こんなのが
有ると、この先に何かありますよ、と言ってるようなもの。
02.jpg

植生がちょっと入ってみよう、という気持ちを削いでくれる。
03.jpg

でもがまんして進むと・・・何か見えてきた。
04.jpg

05.jpg

さらに道は続く。
06.jpg

けど程なく終わりな雰囲気。
07.jpg

しかし先にはまだ何か有る。
でも行かない。
08.jpg

09.jpg

戻ってきてちょっとこの施設でも見てみよう。
10.jpg

11.jpg

木が腐っていないことを確かめて、おそるおそる
乗ってみる。
12.jpg

ごつい糸の蜘蛛の巣。
水が流れていた。
13.jpg

もう少し峠の方に戻ったところ。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

特に気になるものは無かった。
18.jpg

鉱滓ダムの方に降りてきて、写真では見えないが
この左側に下りていく道がある。
19.jpg

ちょっと行ってみる。
20.jpg

ゲートはたまたま開いていたが、入ってはいけない
雰囲気。
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

まだまだ何か有りそうだが、深入りはやめておこう。
25.jpg

26.jpg

こちらは有名なダム湖への入口。
今日は入らない。
27.jpg

そのかわり、周辺の山によじ登ってダム湖を眺めて
見たいと思った。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

斜面に四つん這いでよじ登る。
31.jpg

なかなかの眺めだ・・・けど今日は色が毒々しい。
32.jpg

33.jpg

こんな中にドボンした日にゃぁ・・と思ってしまう。
34.jpg

35.jpg

いつもの下流側の施設に立ち寄る。
36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

45.jpg

46.jpg

施設からの水の出口を見に行ってみよう。
47.jpg

これがそうだろうか。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

水は浄化されて下流へいく。
51.jpg

52.jpg

53.jpg

pHよし。
54.jpg

55.jpg
posted by Shimneti at 22:03| Comment(0) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

潮見埠頭 廃線 名古屋臨海鉄道

仕事で潮見埠頭に来た。
仕事でどこかに出かけるなど、ここ最近では超が
つく珍しさだ。
01.jpg

せっかくだから名古屋臨海鉄道の廃止区間でも見て
いこう。
02.jpg

03.jpg

埠頭の先っちょに近いところで、その向こうは海。
04.jpg

何か特に思い出の場所、というわけでも無いけれど
レールが残っているところが癒されるポイントだ。
05.jpg

東名古屋港の駅前に盛大に路駐して、散歩した。
こちらは現役。
06.jpg

工場地帯を走るレールは、当然貨物がメイン。
07.jpg

車社会の現在、「走らす」ということに関して鉄路の比較
にならないほど車が便利になってしまって、これだけの
工業地帯にあっても鉄道は廃れる一方である。
08.jpg

09.jpg





続いて、何か目的が有ったわけではないが、地図を
見てココ、と思ったので大江駅前に行った。
駅前と言うのに、駐車場の廃墟みたいなのが有って
盛大に斜め停めして、散歩に出かけた。
10.jpg

何か珍しいものが有ったわけでも無かったが
ここでいささか気分の悪い事象が発生。

大江駅前には大手企業がある。
そこから出てきた警備員がにこりともせずに
「警察に通報するけど、いいですかねぇ」
かなりの横柄な口ぶりである。
何か通報されなあかんことしたっけ?
「むだぁーんで停めてもらったら困るんだけど」
あ〜ぁ、あの廃駐車場の話か。
11.jpg

なるほど、帰ってGoogleさんを見てみたら、一応
現役の駐車場らしい。
12.gif

なるほどなるほど、車がたくさん停まっている。
13.jpg

しかし、今はこの状態。フェンスが有るとか、どこかに
駐車してはダメとか、通報するとか書かれてあるわけ
でもない。ましてや誰かに迷惑をかけたわけでもない。
通報すると言うのならどうぞ、と言ってもよかったが、
もはや私は違うことを考えていた。
○○○○○○○○ほどの企業であっても、警備にまで
社員教育は行き届かないものなんだな、と。
普通、一言目から通報する、などと言わないだろう。
ここに停められては困る、と言う説明が必要なはずだ。
明らかに応対の仕方が間違っている。
さて、わが社はどうだ? 各所の警備の面々を思い浮
かべながら、あぁたぶん大丈夫だな、と安堵した。
きっと初めての人にそのような横柄な態度はしないだろう。
むしろ親切だろうな、と思った。
10.jpg

14.jpg

気分は悪かったが、再び潮見橋近辺に戻って来て
かつての駅のあたりを見て次に進んだ。
15.jpg

16.gif
posted by Shimneti at 14:52| Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする