カテゴリ
ダム・発電所(333)
鉱山(62)
林道(59)
隧道(114)
(19)
鉄道(61)
その他(121)

2024年01月21日

那智勝浦湯川の温泉跡 亀喜荘

私のところに情報を持ってきてくれる人は、もちろん
それほど多いわけではない。けど、稀にくれる方がおられる。
そのような奇特な方は決まって、御自身もそういう趣味の
お有りの方である。
・・・と言うような当たり前のことはどうでもよい。
今回の情報を持ってきてくれたのは、前回も登場した
A先輩である。この方はその筋の方では全く無し。
でもそんな人からの情報のほうが案外新鮮だったりする
ものであるよ。
最近のA先輩は釣りにはまっていて、いろんな穴場に出かけて
行ってるらしい。そんな折、目の前に何かの跡地みたいなの
が有る、と言って、ぼやけた写真を見せてくれた。
「そんなぼやけたの見せられたって・・」、と苦情を申し立てたら
じゃぁ、と言って、また行かれた時に撮って来てくれたのが、
この写真、というわけである。
01.jpg

よしよし、と言うわけで早速、国土地理院の年代別写真で見て
みよう、ということになった。
場所はここである。あのゆかし潟のある温泉地だ。
ゆかし潟と言えば和歌山出身の詩人佐藤春夫である。
私の祖母はもう亡くなったが、作家で佐藤春夫の弟子でもあった
から、なんだかゆかし潟にゆかりを感じる。

それは置いておいて、温泉マークがあるよ!!
温泉跡か?  でもルートが無いよ。橋でもかかっていたか。
では写真を見てみよう。
02.gif

2017年の航空写真
03.jpg

2014年の航空写真
04.jpg

2012年の航空写真
05.jpg

2007年の航空写真
06.jpg

結局何かわからん。橋の跡らしきものも無し。
現地に赴きたし。
07.jpg

10月の平日にやってきた。久しぶりの外出だ。遠出というほどでは
無いが。
最近は平日は仕事だし、休日は一人暮らしの母親の面倒をみている。
平日に休みを取って出かけるのがせいぜい、と言うところだ。

ま、そんなわけで、あっさりと現地。私にしては珍しく高速を使った。
ランクル70で高速など、何の面白味も無いが、まぁ仕方ない。

軽トラが停まっている。
08.jpg

軽トラが無い写真だって有るんだぜ! だけど、あの軽トラが重要なんだ。
軽トラにサーフボードを積んでいるあんちゃんが居た。。ように見えた。
私は人が居たら、出来るだけ居なくなるのを待つか、かなり距離を置いて
探索する習性がある。まあコメントで犯罪の記録、と言ってくる方も居られる
くらいだから当然か。
もちろんこの日も軽トラとはできるだけ離れた埠頭から探索を始めた。
09.jpg

テトラの上から探索、ということで。
きっとA先輩はここで釣りをしてたんだろうな。
10.jpg

テトラからの風景である。
A先輩から聞いていたより、近く感じた。
11.jpg

12.jpg

どうだろう。これは船着き場、と考えてもいいんじゃないか。
13.jpg

ここが目立っているが、全体的に建物が有ったとみてもいい
感じである。
14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

軽トラサーファーのあんちゃんは、もう荷物を積み終わった様子だが、
姿は見えない。
どこに行ったかな、と思ったら、突然現れてにこやかに話かけてきた。
あんちゃんと思っていたが、私よりも年輩のかっこいいおじさんだった。
もう還暦だ、と言っていたから私より数歳先輩だ。
本宮の生まれで、小さい頃こちらに移り住み、この海で生涯の趣味で
あるサーフィンをやり続けている、のだと言う。いや、年を取って
サーフィンはしんどくなったので、たしかサップと言っていたと思うが
それをやっているのだそうだ。私にはそのサップとサーフィンの違いは
わからず、軽トラの荷物はサーフボードにしか見えなかったが。。。
18.jpg

まぁその話も面白かったが、私が聞くより先に、おじさんの方から件の話
が有った。
「あんた、あのホテル跡、撮ってたやろ?」
「ん?ホテル跡?やっぱりホテル跡なん?」
「わしなぁ。あんたが釣り人やったら、話しかけてへん。
どう見てもあれ撮ってる、おもたから、絶対話しかけよう、おもてたんや。
「へぇ、なんで?」
うん・・・、でも結局、なんでかはわからんかった。
19.jpg

「わしが小さい頃、親父に連れられて泊まったことあんのや。
でもな、もうわしが高校生の頃にはすでに廃業しとった。
ごく最近までそのまま有ったんやで。でも最近取り壊された。」

どうやって取り壊したのか、とか、ホテルの名前とか、いろいろ
聞きたかったが、おじさんの関係無い話を聞いているのもとても
楽しいひとときとなった。
20.jpg

おじさんもホテル跡を撮っている私に話しかけたので、もう帰って行った。
私もホテル跡と聞けて、もうすでに満足していた。
線路を渡れば、あそこまで行けるのか、などと思いながら、近くから撮影
をした。
21.jpg

なるほど、そうやって言われると、あそこにホテルが有ったのか、と思わせる
風景である。
22.jpg

入り江になっているところにも階段が見えている。ここも船着き場か。
23.jpg

奥にはボートがつないであった。
24.jpg

そう言えば、重要証言、ボートで行った、と言われていたな。
なるほど。今もボートで行っている人が居るのだろうか。
それよりも、あのボートにはどうやって行くんだ?
やっぱり線路を渡るのか。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

この地図にも建物表記が有った。
そうだ、湯川駅に行ってみよう、・・と思いながら、もう私は別の
ところに行きかけていた。
35.gif

とは言え、ちょっと散歩。
36.jpg

37.jpg

湯川ラーメン橋と書かれていた。
38.jpg

39.jpg

40.jpg

線路の向こうから、件のホテル跡を眺める。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

ここにホテルが有る風景を思い浮かべながら。
44.jpg







でも私は別のところに遊びに出かけてしまって、結局湯川駅には
次の朝早くに来ることになった。朝7時頃だ。
誰も居ない。
45.jpg

昨日は平日だったが、今朝は休日だ。停まっているのは私の
車のみ。
46.jpg

47.jpg

貸し切りを良いことに、あちこち撮影して回る不審者ぶりである。
48.jpg

しかしながら、大変大きな収穫が有った。
49.jpg

それはこれだ。
50.jpg

51.jpg

湯川駅開業八十周年・・か。
開業が1935年、と言うことは、この案内は2015年に出来たもの
なのか。
52.jpg

53.jpg

中でも、これ、電車の後ろに見えているのは件のホテルでしょう。
これをネットで調べたら、亀喜荘、という名前であることがわかった。
その確証が取れたわけではないが、それでもネットってすごいな。
また持っている廃墟の本にもその記事が出ていた、ということにも
気づいた。亀喜荘で間違いなかろう。しかしながら読み方はわからない。
54.jpg

55.jpg

ホームに出てきて、ホテル方面を眺めた。
56.jpg

ホームの端っこ。こんなところまで来るやつは居ない
とばかりの雰囲気ではあるが、除草はされている。
57.jpg

あそこにホテルが見れた時に訪れたかったものだ。
58.jpg

59.jpg







ついでにゆかし潟を少し散歩した。
60.jpg

ここから妙法山の卍が見えるはずだが、いずこだ。
61.jpg

きっとあれだな。望遠レンズを。
62.jpg

63.jpg

64.jpg

65.jpg

ゆかりの佐藤春夫と高浜虚子の歌碑を見て帰った。
66.jpg

67.jpg

久しぶりの外出だったが、もちろんここだけではなくあちこち
回った。それはまた別の機会に。
68.jpg

posted by Shimneti at 04:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月03日

新宮鉄道 袖摺トンネル 御手洗トンネル 稲荷山トンネル

2006年4月 新宮にて雨の気分の悪い朝を迎える。
かなりの早朝だったと思う。記憶には無いけど、おそらく
ウミガメの道の駅で車中泊したはずだ。
01.jpg

雨のR42を南下していたら、こんなのを発見した。
02.jpg

これは新宮鉄道跡か? 調べる術が無いのは2006年だから
ではない。昔も今も飛び道具を持っていない、ということに変わり
がないな。
調べるために本屋が開く時間に行ってみることにした。
03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

向こう側が見えてる。でも行くのはパスした。
なんでだ?わからん。
07.jpg

08.jpg

振り返るとR42
09.jpg

まだ塗装がハゲちょろける前のPZJを前に。
10.jpg

当時、オークワにスーパーセンターが有るなんて知らなくて、
さっすが発祥の県だ、なんて記念撮影した。
11.jpg

本屋が開くまで新宮駅をうろうろ。
みんな出勤の時間になって人通りが多くなってきた。
12.jpg

やはり新宮鉄道なのだった。そんなことも調べてなかったのかよ
という感じ。
ついでに御手洗、稲荷山のトンネルにも行くことにした。
13.jpg

熊野古道高野坂を下り、 海辺の線路へ出る。
14.jpg

新宮鉄道の橋は遊歩道になっているようす。
15.jpg

16.jpg

こんなに海の傍を鉄道が走っているなんて、
というか、今も現役でJRが通っている。
17.jpg

18.jpg

19.jpg

現役の線路に入らずして近づくことができる。
20.jpg

21.jpg

22.jpg

雨で一層不気味感が増しておる、御手洗の北側口。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

27.jpg

28.jpg

29.jpg

トンネルの向こうは・・なんとなく光は見えてるか。
でもはっきりせんな。
30.jpg

31.jpg

どこまで行っても向こうがはっきりしない。
32.jpg

ここで有ってはならぬことが発生!!
振り返ったら、入口付近に人影が歩いてくるのが見えた。

暗闇で衝突は避けたい。
お互い懐中電灯など気の利いた物は持っていない。

どうする?

闇夜から声をかけた。

腰を抜かさんばかりの驚きの様子はうかがえたが、
その表情は見えない。
33.jpg

私「おはようございます  この先 抜けれますか?」
 わかりきったことを聞いてみる

S居のオヤジ(誰?)のような声のおっさん
 「あ、あぁ、抜けれるよ」

私「釣りですか?」

S居声オヤジ「あぁ 磯へ出よう 思うてなぁ」

その後 二言三言。 結局 お互いの顔は見えぬまま。
そのままお別れ。

「こんなとこで人に遭ったん初めてや
 あぁ気持ち悪っ   おぉ気持ち悪っ 」
って言ってるのが聞こえた。。。あはは
34.jpg

35.jpg

36.jpg

御手洗 南側はこのような状態だった。
トンネルの途中で崩れている。と言ってもほぼ出口付近では
ある。
37.jpg

38.jpg

這い上がってきた。
39.jpg

さらに進むと南側の口になる。
40.jpg

なんだかわけわからんだろうけど、南側の坑口の裏側だ。
41.jpg

42.jpg

43.jpg

44.jpg

キョーレツなブッシュで引きの遠景は撮れずだが、
これが御手洗の南側になる。
45.jpg

引きの撮影は無理。
46.jpg

47.jpg

さらに進む。
48.jpg

稲荷山 北側。
こちらもなかなかの気味悪さ。
でも難易度はそれほどでもか。
49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

55.jpg

入っての振り返り。
56.jpg

南側は明るく見えている。
57.jpg

58.jpg

59.jpg

稲荷山 南側。 こちらも負けずにモーレツなブッシュか。
60.jpg

61.jpg

62.jpg

崩壊が進んでいる。今はどうなっていることか。
63.jpg

64.jpg

65.jpg

66.jpg

こちらも遠景撮影は無理。
67.jpg

68.jpg

69.jpg

70.jpg

もと来たルートを戻る。
71.jpg

御手洗まで来た。
72.jpg

国道に復帰。
73.jpg

posted by Shimneti at 11:35| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする