カテゴリ
ダム・発電所(316)
鉱山(47)
林道(54)
隧道(105)
(16)
鉄道(58)
その他(103)

2018年05月13日

甲津畑 向山鉱山跡 発電所跡

悶々とした日々に変わりは無い。遠出はできぬ。
先日ちょっとだけ滋賀に用事が有ってでかけた。
ほんの数分の用事のために。
そして、とんぼ返りで帰って仕事・・・のはずが・・・
もったいないからちょっとだけ。
この「ちょっと」と言うのが重要。
さてそんな場所はあるか?
R307を走りながら思いついた。あるじゃない。
マイホームグラウンド。雨乞に登る途中にちょうど
いいのが。杉峠までなら今から登ってもしれてるな。

15時前から藤切谷に沿って登り始めた。
(今までは奥まで車で行けた林道が規制されていた
のは少し誤算)
雨乞からの下山者だろうか、20人以上はすれ違った。
普通は下りてくる時間だ。
あいさつを交わしながらも「今頃登ってくる変なヤツ」
と言う表情。こちらも「ちゃうちゃう。鉱山跡行くだけや」
と内心つぶやいている。
01.jpg

向山鉱山はとても古い鉱山だ。おそらく戦国から江戸
にかけての時代にはすでに有った、とされている。
ただし近代、戦前戦後の昭和十年代に活況であったこと
から、いまもその片鱗を見ることができる。
一番大きいのは水力発電が実現していたことである。
道には外灯も点き、町のようだったというが、それを
知る人も今はもう居ないだろう。

アーチ橋さながらの天然アーチが出来ているのには
驚いた。
02.jpg

03.jpg

もうこの先を曲がったところは塩津々(しおずつ)。発電所の有った
場所である。塩津々は古屋敷とも言われることからきっと屋敷が
並んでいたに違いない。案内看板にもそのようなことが書かれて
いた。
04.jpg

川に向かっての水路がさっそく見えている。
おそらくは余水だろう。
05.jpg

反対側を見ると、当然こうである。
ユブラ橋谷出合近辺にある取水口から水路でこの塩津々
の上まで来て、管路で落水させていたはずなので、もっと
探すと管路に纏わる物も出てくるかもしれない。
06.jpg

この先は、あの人や彼の人ならもっと徹底して探すに
違いない。私レベルでは、もう既に満足である。
07.jpg

実際どこに発電所があったかは知らない。この辺りだろうか。
08.jpg






登山道を数百m登ったところ、藤切谷とユブラ橋谷との出合
あたりに取水が見える。
09.jpg

10.jpg

あの向こうが水路。
11.jpg

12.jpg

水路はすぐに消えてしまうが、追えばまだ残っている場所
が有るに違いない。
13.jpg

登山者も取水の写真はよく撮っておられるが、このような
写真を撮ってる人は居ないだろう。取水堰堤。
ちなみに水量をまかなうため、さらに上流のユブラ橋谷
からも水路とトンネルを通してこちらに入れていたらしい。
ユブラ橋谷に堰堤が有るとも思えないが、管路を突き刺し
てあったのかもしれない。
14.jpg

15.jpg

16.jpg







登山道を少し進むともうズリが見えてくる。
17.jpg

五坑目を最後に閉山したが、四坑、五坑が昭和十年代のものだ。
ズリの先に四坑が有るが、坑口はもう見えない。
18.jpg

さらに上に登るといろいろと残っているものに出会える。
19.jpg

20.jpg

21.jpg

ズリを上から見下ろしている。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

失敗に終わったと言う五坑を探したが、どこかはわから
なかった。おそらく坑口はもう無いのだろう。
25.jpg

26.jpg

27.jpg

お決まりの暗闇を下山。
あんなにたくさん停まっていた登山者の車群ももう一台も
残っていなかった。
28.jpg








滋賀に居た頃、開発延長著しかった林道甲津畑線も今は
もう延長していない様子。
一応終点を見て帰った。
29.jpg

30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg
posted by Shimneti at 14:01| Comment(7) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

大滝ダム2

ところで、この赤いヤツ。ケーブルクレーンだ。
この界隈のどこからでも見えてかなり目立っている。
今ではすっかり有名になったけれど、ダムが出来た当初
は、「黒部ダム建設の時に使ってたやつなんだって」
「ほんまなん?」と言うようなことをよく聞いた。

今はちゃんと名前まで付いていた。
「クロベノエキ」
なになに? 黒兵衛の木? 黒部の木? 黒部のエノキ?
カタカナだとちょっと考えてしまうな。
クロベノエキ=黒部の駅 が正解のようだ。
01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

しばらく来ぬうちに、みんなの念願叶って、一般公開
されていた。
10.jpg

壮観。
11.jpg

12.jpg

13.jpg

黒兵衛御座候。
14.jpg

あの階段を越えれば・・・でもなかなか越えない。
15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

やっと登った。
20.jpg

21.jpg

なるほど、弧を描いている。
黒部ではケーブルクレーンがダム両岸に居て同時に
移動していたが、大滝に持ってきた時、片側で弧を描いて
移動するように改造したのだそうだ。
こちらが移動塔になる。
クモノタカダイのところに有るのが固定塔と言うことだ。
22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg

26.jpg

ダム建設のコンクリート打設に使った設備なので、
相当な強度を持ったものだろう。
ここに静かに座り続けることに、安全上の問題が
発生することは当分無いはずだ。いつまでもこの
状態を保持してくれることを願わんばかりである。
27.jpg

28.jpg

29.jpg

こうやって見ると、鉄道そのもの、と言う感じだね。
まぁ鉄道だけど。
30.jpg

残念ながら、運転席、と言うか操縦席は見れなかった。
こう言うのは、以外と草に埋もれていた時代の方が遠慮
無く侵入できたりするものだ。
31.jpg

32.jpg

33.jpg

34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

39.jpg

40.jpg

41.jpg

ここからの景色は抜群だ。
42.jpg

ここでコンクリート打設に頑張った設備なのだから
当然こんな景色を見下ろせる。
43.jpg

建設に纏わる遺構は、これだけでなくまだまだ有るが、
とりわけコンクリート関係は撤去も大変なことが手伝って
残っているものが多い。
これはモノレール跡
44.jpg

今なにかに使われているわけではないので、完全に
遺構だ。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

だから寸断されている。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

駐車場の上にも一部。
駐車場界隈にはかつてバッチャーやセメントサイロが有り
基礎の遺構が今もある。
53.jpg

54.jpg

55.jpg

56.jpg

57.jpg

58.jpg

ここから望遠で、今回は行けなかった「クモノタカダイ」
が見えていた。
59.jpg

固定塔はいずこにあったのだろう。
60.jpg

建設当時、この先には原石山と骨材の一次破砕の
設備があり、コンクリの骨材はこの地で調達していた。
61.jpg

この上には建設事務所が林立していたと思うが、
今も何かしら現役のようである。
62.jpg

ここから下には骨材の二次破砕から石や砂をあの
モノレールで降ろしていたのだ。
建設当時、夜中の漆黒の山奥に突如現れるあの
明るい要塞はこの場所に繰り広げられていたのだ。
今は静かな山に戻りつつあるが、その時の遺構は
痛々しいほどに残ったままである。
63.jpg

こちらは別日撮影。原石山のほう。
堆積ダムからの放流、半円弧のループトンネル、ホッパー跡
かつてはここで一次破砕を行っていた。トラックで降ろして
いたのだろうか。当時ここまで来る勇気は無かったから
見ていない。まぁ来れなかっただろうけど。
64.jpg

ホッパーに乗ってみるの図。
65.jpg

林道終点は堆積場。
斜面を見上げるとまだ上に何か有るが行ってない。
66.jpg

さて、続いて白屋地区に行く。
いつもなら真っ先に来る場所だ。
道中の穴。
67.jpg

68.jpg

PC斜長橋の白屋橋。
69.jpg

立派な橋はかかったが、白屋地区は移転しなければ
ならなくなり、今は誰も居ない。
住居は移転しても通ってる方がおられるに違いない。
70.jpg

今は
企業・団体との協働による
水源地の村「未来への風景づくり」
こういうことになっている。
企業というものはいつの世も利益を求めているもの。
こういった活動がいつの間にか忘れ去られていた、
というようなことにならないでもらいたいと思う。
71.jpg

村の入口は獣害対策のゲートが有る。
72.jpg

新しい建物が建っていた。
73.jpg

74.jpg

家は残っていない。
75.jpg

ところどころにこんな穴が有って、水の流れる音が聞こえる。
76.jpg

77.jpg

78.jpg

79.jpg

80.jpg

この先へ送る電線は無し。
81.jpg

消防水利。
82.jpg

ここが一番高い場所では無いが、眺めが良い。
ダム湖面には、旧道が浮き沈みしている。
今日は天気が良く、気持ちが良い。
天気が良い時にしか来ないのだから、私はいつも
こんな風景しか見ていない。雨の日も風の日も
この地と苦楽をともにしてきた人々がこの地を離
れる、と言うのはどのような気持ちなのか。
閉山する鉱山を離れゆく人々と相通ずるものが
あるのだろうか。そんなことをつらつら想いをめぐら
せながら、暗くなるまでここで佇んでいた。
もう日が沈みかかっている。まるまる大滝ダム周辺に
居た一日だった。
83.jpg
posted by Shimneti at 09:57| Comment(2) | ダム・発電所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする