カテゴリ
ダム・発電所(311)
鉱山(44)
林道(54)
隧道(104)
(14)
鉄道(56)
その他(98)

2017年08月15日

神岡鉱山_鉱滓ダム〜茂住峠〜鉱山施設へ

どこに行くにも高速は利用しない主義だ。だからおのずと
行動範囲は限られてくる。
富山や立山方面に行っては、帰り道はいろんなところを、
と思うのだが、次の日の仕事を考えると、結局は最短ルート
を採って、だいたいこの神通川や神岡鉱山を通過している
ことが多い。

で、いまは、富山は有峰行きの、自分にとってのノルマを
こなしてから、やっぱり神通川沿いを来ている。
01.jpg

神通川の鉄橋跡、と勝手に呼んでいるが、鉄橋だったかどうか
は知らない。
朝7時の姿である。
02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

そして、軽めに茂住峠だけ立ち寄って帰ることにした。
いつもなら立ち寄るこの穴も、今日はスルー。
07.jpg

ちょっと鉱滓ダムの様子を、と言うのが今日のところ。
少しづつ変化しているようだ。
08.jpg

ゆっくり散歩がてら見て回る。
09.jpg

10.jpg

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

そのまま歩いて・・・と言う固い意志など簡単に崩れ
車で峠の方まで進んでいる。
おなじみのこの場所もわき見もせず真っ直ぐ進む。
17.jpg

ここから振り返る鉱滓ダム。
18.jpg

ズーム+コントラスト調整。
19.jpg

20.jpg

車だから楽々と。
21.jpg

22.jpg

もう少し足を延ばそうかと思ったら、今日は一日中作業
とのこと。朝というのに作業真っ最中だった。まぁまた
あらためて。
23.jpg

元来た道を戻る。
24.jpg

25.jpg

26.jpg

少々物足りないのでまた歩いている。
祠が有って、日露戦没記念碑とある。
27.jpg

左右に狛犬。中途半端に管理されているようなそうでも
ないような。
28.jpg

29.jpg

スルーすると言ってた穴。結局やっぱりちょっと入った。
でも、・・・
30.jpg

31.jpg

32.jpg

33.jpg

先は漆黒の闇。
34.jpg

懐中電灯さまのお世話になる。
35.jpg

36.jpg

37.jpg

ここ十年くらいで登場した看板。はっきりとはわから
ないが、2008年の写真を見てみたら既にある。
写真撮影を禁じられているので遠慮した。
38.jpg

ここは看板手前だから良し。
39.jpg
posted by Shimneti at 20:07| Comment(4) | 鉱山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

大平池 田代池 大阪市立伊賀青少年野外活動センター

ちょっと久しぶりに田代池と大平池でも行くか。
と言ってももう2年も前の話。
つい先日近くまで行ったので思い出した。
国土地理院だと田代池は田代湖と表記されている。
01.gif

田代池の堰堤を横目に、何かが呼んでる気がする。
02.jpg

ああそうだった。青少年野外活動センターを通過しないと
大平池には行けないんだった。
03.jpg

いつも開いていたゲートは・・・閉まっていた。
04.jpg

三重の伊賀に有るのに大阪市立だ。
大阪市立伊賀青少年野外活動センター
05.jpg

そして、さらに・・・そうだった。2014年(平成26年)3月31日に閉鎖に
なったんだった。不採算事業はどんどん閉めちゃえ。そういう勢いの
あった時期。他にも閉まったのが有ったかと思う。

ちなみにこれは今から2年ほど前。閉まった一年後の2015年のこと。
現在はどうなってるのか知らない。復活してたりなんかしたら迷惑
な情報だな。また行ってみないと。
06.jpg

大平池に行くことを名目にちょっと侵入。
07.jpg

電気は生きてるのかどうだか。
08.jpg

これはグランド。放置にしては草が少ない気がするが
現役とも思えず。
09.jpg

10.jpg

廃な感じの物置か。奥のキャンプサイトで使っている
テントと似ている。
11.jpg

12.jpg

なにやら材木っぽいのが置いてあった。
13.jpg

こちらはバーベキューサイトか。
夜にキャプファイヤを囲んでいる風景が思い浮かぶ。
14.jpg

15.jpg

こちらは排水処理設備。
16.jpg

隙間から中がうかがえる。
17.jpg

もちろん稼働はしていない。
18.jpg

入れないでもなさそうだったが入らなかった。
19.jpg

青少年の家に近づいてきた。
20.jpg

それがこれ。
21.jpg

建物・施設ごと売れないのか、はたまた更地にするのか
などが検討されていたと思うので、今はどうなってるのか
気になる。
22.jpg

外回りだけちょっと見に歩いてみた。
階段を上がって、
23.jpg

これは2階?
24.jpg

25.jpg

26.jpg

建物裏手。目張りはきっちりしてある。
27.jpg

信号機がある。
28.jpg

私有地というか、施設内の信号跡は好きだ。
29.jpg

30.jpg

気になる穴を見ながらセンター事務所に。
31.jpg

32.jpg

この時計動いてるんだったっけ。あれから2年も
経ってすっかり忘れてしまった。
33.jpg

いろいろまだ片付けないといけないような物で
あふれている。
34.jpg

35.jpg

36.jpg

37.jpg

廃な雰囲気はあるけど、管理はされている雰囲気。
38.jpg

39.jpg

ついさっきまで使ってました、という感じ。
40.jpg

ちょっとここで休憩してみたい気もした。
41.jpg

で、
42.jpg

その穴へ。
43.jpg

44.jpg

45.jpg

進んで行けなくもなさそうだったけど怖いので
やめた。
46.jpg

こちらにも何か建物。
47.jpg

48.jpg

49.jpg

行った時は何だったかわかってた気がするけど
今となっては何だったか忘れた。写真を見ても
思い出せず。
50.jpg

51.jpg

これは何だったか。
52.jpg

チャレンジサイトと書かれたテントスペース。
53.jpg

出来合いのテントが並んでいる。
54.jpg

こんな場所で過ごす夜はさぞかし楽しかったに
違いない。
55.jpg

56.jpg

まだまだ十分そのまま使えそう。
57.jpg

集会スペースみたいなのがある。
58.jpg

59.jpg

林間学校を思い出す雰囲気。
60.jpg

やっと目的地の大平池に向かうことができる。
61.jpg

吐を越えて堰堤。
62.jpg

脇には箱が。
63.jpg

こういうのを探しながら歩いたりしたものだ。
64.jpg

65.jpg

66.jpg

蝉の抜け殻ならぬ、蛇の抜け殻があった。
67.jpg

68.jpg

ここは確実に整備されていた。
69.jpg

ため池の役割を果たして水を湛えていた。
70.jpg

それにしても抜け殻が多いな、と思っていたら、
71.jpg

中身も居た。
72.jpg

左岸というか池の堰堤の端っこまできた。
73.jpg

これはまた右岸の方にもどって吐の眺め。
74.jpg

75.jpg

76.jpg

77.jpg

続いては、田代池へ。また施設の中を通過していく。
78.jpg

79.jpg

こちらはコテージになっている。
80.jpg

そして田代池の堰堤。
81.jpg

ついでの寄り道の方が盛りだくさんで、肝心の方の
写真は少なかったりする。
82.jpg

83.jpg

84.jpg

85.jpg

86.jpg

87.jpg

88.jpg

周回できそうだったが、これまたやめておいた。
すべてに中途半端ではあるけどまぁよし。
89.jpg

90.jpg
posted by Shimneti at 10:46| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする