カテゴリ
ダム・発電所(314)
鉱山(46)
林道(54)
隧道(104)
(16)
鉄道(57)
その他(99)

2018年01月20日

小岐須渓谷 謎の山荘

石大神(しゃくだいじん)を見ている時、ちょっと気になったこと。
小岐須渓谷キャンプ場。たしかにこの場所にある。
01.jpg

ちょっと拡大する。
02.gif
小岐須渓谷山の家。え?こんなところに何かあったっけ。

現地はこんな感じ。
03.jpg

リンクはどうなってる?
小岐須渓谷キャンプ場の方は、駐車場の前にあるトイレ
が写っている。まぁまぁいいか。
04.gif

小岐須渓谷山の家。こっちも先ほどのキャンプ場の方に
ある山の家のことを指している様子。
つまりは場所が少々違っているだけのことか。
まぁよくあること。
05.gif

けれども、気になるし現地をうろうろした。
こんなところに謎の登山道が。
06.jpg

ちょっと登ってみる。
07.jpg

ありゃ?予想外。こんなところに穴が。
何が有るというんだ?
08.jpg

09.jpg

「管理坑」?何の?
よくはわからんけど、この穴の延長線上だと三重用水
の水路隧道があるから、それのかな?ということにしておく。
10.jpg

11.gif

12.jpg

13.jpg

管理坑の上にも登ってみた。
ちょいと歴史のありそうな林道が続いていた。
14.jpg

いつごろ使われていたものだろう。
15.jpg







そんな横道はおいといて、車道から川を見下ろしながら
歩いてみたら、何か見えた。
16.jpg

入口は意図的にわかりにくくしている様子だったが、藪に
少し入ると小道が出てくる。それを下る。
17.jpg

だれかの別荘かな?
18.jpg

お一人様限定ブランコ有。
ちょっと座ってみる。
19.jpg

ブランコからの眺めはこんな感じである。
20.jpg

いま降りて来た方向を見るとこんな感じ。
21.jpg

とてもきれい。今はシーズンオフだが、夏にはだれか
利用された様子。
22.jpg

何かわからない物も存在している。
23.jpg

24.jpg

25.jpg

建物入口前にはテラスがある。
26.jpg

27.jpg

さほど古くないバケツもある。
28.jpg

29.jpg

30.jpg

これが建物入口。
31.jpg

どぉ?これ。
う〜ん。廃な感じはあるけど限りなく現役やな。
32.jpg

別荘を1シーズン使わなかったらこんな感じになる
と言うことを考えると、ほぼ現役。
然るに長居は無用。ちょっと散策して帰ることに。
33.jpg

新しいティッシュの箱もある。
34.jpg

入口横をすり抜けテラスに乗っかってみる。
35.jpg

なぜか安全帯がある。
36.jpg

37.jpg

風で飛ばされたりしていない椅子。
38.jpg

テラスの端からは川の眺め。
39.jpg

ちょっと下がったところにも降りれるようになっている。
40.jpg

41.jpg

川に降りていく途中。
42.jpg

43.jpg

近くに石灰鉱山が有るが、その音は全く聞こえず、静かに
川のせせらぎのみが聞こえる。
かなり良い場所だ。
44.jpg

私はオフシーズンの今の方が好きだ。
夏の良いシーズンを気持ちよく過ごそうとしても、現実は
虫や蛇や雑草との闘いを強いられ、面倒な準備が必要。
自然の中に暮らすとはそういうものである。

霧深い山奥の孤独を求めて四駆乗りになったけど、現実
はロープやウィンチワーク、パンクなど面倒なことの方が
多い。それと似ている。
便利な都会に暮らす者が想う勝手な憧れにすぎない。
こういうところに来るといつもそう思ってしまう。
45.jpg

46.jpg

47.jpg

露天風呂のようなのもある。
48.jpg

49.jpg

50.jpg

51.jpg

52.jpg

53.jpg

54.jpg

撤収。
55.jpg
posted by Shimneti at 16:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

小岐須渓谷 石大神

日本の鉱山ではほぼ唯一現役と言ってもいいセメント関連。
私は鉱山を見ているのが大好き。セメント鉱山ももちろん
例外ではない。

「あ〜あ、あんなに山を削っちゃって」
とか、伊吹や藤原の山容のことを言う人が居ても、だ。

私は山が好きだ。
そして私は環境保全に関する仕事をしている。
そう考えると鉱山が好きだ、などと言っているのはいささか
矛盾をともなっているように思える。
しかし、環境保全を考えれば考えるほど、それは誰のため?
に始まり、行きつくところは人間様の都合の良い言い訳に
たどりつく。
少しの安心材料として、人間は優秀だから言い訳を隠れ蓑
にしながらも技術革新をしながら、少しでも環境に良いものを
確立してきた、ということくらいだろうか。

そんなことをつらつら考えているうちに御幣川(おんべがわ)
沿いに来ていた。
01.jpg

02.jpg

場所はこのあたり。地図ってのは見てるだけでそそられる。
03.gif

04.gif

さて現地。
横に広がっているのはここ。
石鈴産業 庄内砕石工場 と書かれているのが見える。
05.jpg

望遠で見る。上下に坑道でもあるのだろうか。
それらしきのが見える。
06.jpg

07.jpg

その横、少し遠くにも鉱山が見える。
こちらは三星砿業、と書かれているが、石鈴産業と書かれている
ほうと敷地内でつながっているようす。
今から行く石大神(しゃくだいじん)はこちらの方にある。
08.jpg

石大神の眺め。小岐須渓谷山の家の駐車スペースあたりからの
眺めが一番良い。ここには案内の看板もある。
09.jpg

10.jpg

看板には以下のように書かれている。
「県指定文化財・天然記念物
 石大神(しゃくだいじん)
        平成八年三月七日指定
        所有者 椿大神社

 鈴鹿山脈には断層によって形成された
 断層微地形「ケルンバット」(分離丘陵)
 が点在しています。
  「石大神」は、その南西側の鞍部を通
 る断層により形成された「ケルンバット」
 であり、その構成岩石の大部分である
 石灰岩が溶食作用を受けて生じた急峻で
 錘状岩柱形の岩峯地形です。
  このような自然景観は、県内において
 当地のみに見られるもので、古代から信
 仰の対象にもなっており、敏達天皇が行
 幸されたという言い伝えもあります。
      平成十二年三月
            三重県教育委員会
            鈴鹿市教育委員会 」
11.jpg

「あ〜あ、あんなに山を削っちゃって」
でもあなたの生活にセメントの無い暮らしは考えられ
るの? と言われたらその答えに窮する。
私達は過去の歴史の上に生活している。歴史を残す
べきか否か、といった問答に打ち勝って平成八年三月
県指定文化財・天然記念物に指定された。
これにより余程世情が変わらぬかぎり、石大神はこれ
以上削られることは無くなるだろう。
12.jpg

危うきを切り抜けて聳えるその姿はやはり神々しいものが
ある。
13.jpg

現在はもう採掘もされていない。
私の好きな鉱山廃墟と化していく。
緑が復活するのはいつになることか。
14.jpg

ここに並んでいたいくばくかの運搬機器達はすでに撤去
されているようす。
15.jpg

しばらく望遠で。
16.jpg

17.jpg

18.jpg

石大神頂上へのルートが見える。
19.jpg

20.jpg

石大神の頂上。
石大神は山全体が御神体である。だから勝手に登ったりしてはいけない。
じゃあどうしたらいい? GOOGLEを見る! 正解。
21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

きれいな穂高を見たいならあなたはどうする?
私は穂高の向かい側に有る蝶ヶ岳に登って穂高を眺める。絶景。

石大神の頂上は、きっと鳩ヶ峰に登ったらきれいに見えるに違いない。
入道ヶ岳からの眺めは多くの登山者が投稿されているから
あえて鳩ヶ峰。

でも面倒だから鳩ヶ峰の頂上までは行かない。すでに石大神が足元に
見え始めた。
ちなみにかなりの望遠。
25.jpg

三角点はどこだ?
26.jpg

27.jpg

御神体にお似合い?
28.jpg

29.jpg

岩にとりついた。
石大神は山全体が御神体である。勝手に登ったりしてはならない。
30.jpg
posted by Shimneti at 00:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする